チェイナリシス、サイバー犯罪調査企業エクシジェント買収

チェイナリシス、エクシジェントを買収

米ブロックチェーン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)が、サイバー犯罪の調査・分析ツールを提供するエクシジェント(Excygent)を買収したことが10月5日分かった。

エクシジェントは2018年に米国で設立された企業であり、政府機関や民間企業に対するサイバー犯罪調査ユニットの設立支援、セキュリティの堅牢性の評価、データ分析環境の構築、サイバー分析のサポートなどのサービスを提供している。

チェイナリシスとエクシジェントは近年暗号資産(仮想通貨)に関するサイバー犯罪の調査を共同で行っている。2020年11月に行われたオンライン犯罪市場シルクロードに対する民事訴訟では、2社が共同でFBIに対して調査支援を行ったとのことだ。

チェイナリシスは今回の買収によって、政府機関へのサービス提供を拡大し、大規模なデータ分析から潜在的な調査まで、エンド・ツー・エンドで調査をサポートできるようにするとのことだ。

チェイナリシスのCEOであるマイケル・グロネージャー(Michael Gronager)氏は以下のようにコメントしている。 「エクシジェントチームがもたらす専門知識は、ブロックチェーンの透明性を活用してエコシステムから悪質な行為者を排除し、最終的にはより少ないリスクでより多くの経済的自由を促進するという当社のミッションと直接一致しています」

またエクシジェントのアーロン・バイス(Aaron Bice)氏は以下のようにコメントしている。 「エクシジェント社のチームは、チェイナリシスの技術を活用し、同社のチームと協力して、近年の暗号資産犯罪に関する最も重要な調査に取り組んできました。世界をリードするブロックチェーンデータプラットフォームに参加し、政府機関に提供するサービスや技術を成長させ続けられることに興奮しています」

なお今回の買収額は明らかにされていない。

参考:Chainalysis
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・shironosov

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。