パリSGファントークン(PSG)、Crypto. comで上場

パリSGファントークン、Crypto. comで上場

フランスのプロサッカーリーグであるリーグ・アン(Ligue 1)所属のパリ・サンジェルマン(PSG)が発行するファントークン「$PSG」が、暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)に上場することが9月10日分かった。

なおパリSGとクリプトドットコムはこの上場発表の前日に複数年にわたるパートナーシップ契約を締結していた。

「$PSG」はファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にてパリSGが発行したトークンだ。「Socios.com」では運営会社であるチリーズ(Chiliz)のブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。それによりスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

クリプトドットコムのユーザーは「$PSG」を米ドル、ユーロ、英ポンドなど同取引所にて取り扱いのある20以上の法定通貨で購入できるようになる。またクリプトドットコムの「Crypto.com Visaカード」を使うことで世界にある約7,000万の加盟店にて「$PSG」が利用できるとのことだ。

なおパリSGとクリプトドットコムはパートナーシップにより、クリプトドットコムが運営するNFTプラットフォームにてパリSGのNFTリリースを独占的に行うとしている。

またクリプトドットコムはスポンサー料の大部分を暗号資産Crypto.com Coin (CRO)で支払うと発表している。

関連ニュース

仏サッカーのパリSGとCrypto. com提携。スポンサー料は暗号資産で支払い、NFTリリースも

参考:Crypto.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/bhidethescene・msan10

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定