ツイッター、ビットコイン投げ銭機能をテストか

ツイッター、ビットコイン投げ銭機能をテストか

ツイッター(Twitter)社がビットコインの投げ銭機能をツイッターの最新ベータ版で提供中だという情報が、掲示板サイト「MacRumors」に投稿された。情報を投稿したのはライターのスティーブ・モーザー(Steve Moser)氏だ。

「MacRumors」に投稿された内容によると、ベータ版を利用しているユーザーはビットコインで少額決済が可能なライトニング・ネットワークについてと、カストディアル・ビットコイン・ウォレットとノンカストディアル・ビットコイン・ウォレットについてのチュートリアルを受けるとのこと。

また利用にはストライク(Strike)のアカウントが必要であることが説明されているようだ。 またビットコイン投げ銭以外の機能として、現在の「いいね!」ボタンを長押しすることで “Cheer”、 “Haha”、 “Hmm”、 “Like、”Sad”など複数のリアクションができる機能もテストされているとのこと。

なおこの情報に対して、ツイッターのプロダクトリードであるカイヴォン・ベイクプール(Kayvon Beykpour)氏は、ライトニングネットワークを想像させるイナズマの絵文字と、矢印と「SOON」の絵文字を引用リツイート。ツイッターのライトニングネットワーク対応がもうすぐだということを匂わせている。

ツイッター社CEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は「インターネットのネイティブ通貨であるビットコインは、ツイッターの今後に重要な影響を与える」という見解を先月の2021年Q2(4月から6月)の収益報告会で伝えていた。そこではツイッター社の株主も、ビットコインなどの領域に目を向けて積極的に投資を続けることは非常に重要だと述べていた。

今回の情報は掲示板へのリークのため、これらの機能が実装されるかは定かではないが、上記のジャック氏の発言からもツイッター社が積極的にビットコイン関連機能に取り組んでいる可能性は高いのではないだろうか。

参考:MacRumorsカイヴォン・ベイクプール氏
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Urupong・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。