ピーターティールらからシリーズCで約290億円調達、オーストリア暗号資産取引ビットパンダ

ピーターティールらからシリーズCで約290億円調達、オーストリア暗号資産取引ビットパンダ

オーストリアの暗号資産取引プラットフォーム提供のビットパンダ(Bitpanda)がシリーズCラウンドで約290億円(2億6,300万ドル)の資金調達を実施したことを8月17日に発表した。ビットパンダの企業評価額は約4,450億円(41億ドル)となり、3月時点の約1,300億円(12億ドル)の3倍以上となった。

ビットパンダの創業は2014年。現在のユーザー数は300万人以上で、暗号資産取引、積み立てサービス、Visaデビッドカードなどのサービスを提供している。

シリーズCラウンドは、ピーター・ティール率いるVCValar VenturesがリードしAlan Howard、REDO Ventures、既存の投資家のLeadBlock Partners、Jump Capitalが参加した。

調達した資金は、会社の規模拡大に向けて採用強化と海外オフィスの新設に利用していく予定のようだ。

参考:ビットパンダ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事