チリーズのSocios. com、連続提携発表2日目はNBAオーランド・マジック

チリーズのSocios. com、連続提携発表2日目はNBAオーランド・マジック

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、全米プロバスケットボール協会 (NBA​)所属のオーランド・マジック(Orlando Magic)との公式パートナーシップを8月13日発表した。

なお今回の発表は「Socios.com」が7日間連続で提携する取り組みのうちの2日目であり、昨日のサクラメント・キングス (Sacramento Kings)との公式パートナーシップに続くものとなる。なおこの提携でNBAチームは5例目となる。

今回の提携によりソシオスドットコムのロゴがオーランドが発信するコンテンツに表示される他、オーランドのロゴを「Socios.com」が使用し、国際的なマーケティング活動に利用するようだ。

「Socios.com」では、プロスポーツチームがファントークンを発行・販売することで資金調達ができるプラットフォームだ。またファンはそのファントークンを購入することでクラブチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

なお発表の中ではトークン発行については触れられていない。

参考:Socios.com
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/25話題】JPYCとスラッシュが業務提携、コインベースのビットコイン保有量の特定など

日本円ステーブルコイン「JPYC」と暗号資産決済「Slash」が業務提携、米コインベースのビットコイン(BTC)保有量が特定、事業体で最大数に、バイビット、英国でのサービス停止へ、欧州デジタル資産運用のコインシェアーズ、米投資家向けにヘッジファンド部門を新設、米コインベース、FTXヨーロッパの買収を2度検討か=報道、豪州証券取引委員会、クラーケンの現地プロバイダーを提訴へ、web3決済インフラ「トランサック」がパンケーキスワップに統合、オンランプ可能に、クシム、Zaif親会社のカイカエクスチェンジHDと経営統合へ、英規制当局、企業のマーケティング規制への準拠状況を公開、非対応の未登録暗号資産企業に懸念も