ファッションブランド初の暗号資産決済導入、フィリッププレイン

ファッションブランド初、フィリッププレインが暗号資産決済導入

PHILIPP PLEIN(フィリッププレイン)が、ファッションブランドとして初めて暗号資産(仮想通貨)での決済を導入したことを8月3日発表した。

このブランドはドイツ出身のフィリップ・プレイン氏が1998年に設立した、スカルモチーフをブランドアイコンとし、ロックテイストをスタイリッシュに昇華させたデザインが特徴のラグジュアリーブランドである。

リリースによると決済に対応する暗号資産はビットコインやイーサリアムなど15種類を受け入れているとのこと。フィリッププレイングループが世界各地に展開する実店舗やEコマースプラットフォームでの商品の購入に暗号資産が利用できるとのことだ。

フィリップ・プレイン氏はリリースにて「最も先進的で破壊的なファッションブランドの一つであることは、PHILIPP PLEINにとって新しいことではありません。私は暗号資産が未来のものであると信じており、私のチームと私は、この新しいタイプの通貨を採用するために、必要なすべてのシステム修正を行い、時間と資源を大幅に投入しました。この新しい決済手段とそれに伴う柔軟性をお客様に提供できることを大変うれしく思います」とコメントしている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/J2R・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored