ソフトバンクとネイバーファイナンシャル、米TBCASoftに約27.5億円を出資

ソフトバンクとネイバーファイナンシャル、米TBCASoftに約27.5億円を出資

通信事業者向けに特化したブロックチェーン技術を開発する米TBCASoftが、シリーズBラウンドにて2,500万ドル(約27.5億円)の資金調達をしたことを8月4日に発表した。なおこのラウンドでは韓国インターネット大手であるネイバー(Naver Corporation)の子会社であるネイバーファイナンシャル(Naver Financial Corporation)が主導し、既存投資家のソフトバンク株式会社が参加した。

リリースによると、ネイバーファイナンシャルは2,000万ドル、ソフトバンクは500万ドルの出資を行った。なお総出資額ではソフトバンクが最も出資しており、次いでネイバーファイナンシャルが出資額2位となるようだ。

TBCASoftはクロスキャリア決済ブロックチェーンネットワーク「HIVEXネットワーク」を開発しており、ユーザーは自身のモバイルアプリを利用してQR決済が行えるようになるという。現在「HIVEXネットワーク」のサービス提供開始に向け準備を進めているとのことで、規制当局の承認を受ける予定となっているとのことだ。

なお今回調達した資金については「HIVEXネットワーク」の国際的な展開を強化する為と人材確保及びイノベーション推進に利用されるとのこと。

TBCASoftはサービス展開を日本と台湾から開始するとしており、ソフトバンクが「HIVEXネットワーク」に参加すべく規制当局への手続きを進めていくと説明している。また台湾では同国にてモバイル決済サービス「Pi」を提供するPCホームインターペイ(PChome InterPay, Inc.)と、同じくモバイル決済サービス「GtPay」を提供するアジアパシフィックテレコム(Asia Pacific Telecom Co. Ltd.)との契約が済んでいるとのことだ。

ソフトバンク グローバルアライアンス・投資戦略本部長 深澤実樹氏のコメント

ソフトバンク株式会社のグローバルアライアンス・投資戦略本部長である深澤実樹氏はリリースにて「2017年にTBCASoftに初めて投資して以来、通信事業者向けブロックチェーンコンソーシアムの代表格であるCBSGコンソーシアムの設立や、モバイル決済のフィールドトライアルの実施など、革新的な取り組みを共同で行ってきました。

これらの取り組みを通じて、世界中のより多くの通信事業者と提携することができ、現在ではグローバルで20社のメンバー企業がいます。当社はBeyond Carrier戦略に基づき、従来の通信事業者の役割を超えて、さまざまな業界に革新的なサービスを提供してきました。今回の新たな投資によりTBCASoft社との関係を強化し、世界中の通信キャリアやモバイル決済パートナーとともに、クロスキャリア決済システムのネットワークをグローバルに拡大していきます」とコメントしている。

関連ニュース

CBSGコンソーシアムメンバーがキャリア間決済システムの実証実験に成功

参考:TBCASoft
デザイン:一本寿和
images:iStocks/antoniokhr

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した