ジェミナイがホロングローバルと提携、ファイルコイン(FIL)ファンドの執行と保管業務で

ジェミナイがホロングローバルと提携、ファイルコイン(FIL)ファンドの執行と保管業務で

米暗号資産プラットフォーム提供のジェミナイ(Gemini)が豪大手資産運用ファンドのホロン・グローバル・インベストメンツとの提携を8月3日に発表した。

この提携により、ジェミナイはホロン・グローバルのファイルコイン専用ファンド「ホロン・ホールセール・ファイルコイン・ファンド(Holon Wholesale Filecoin Fund)」の執行・保管業務を担うこととなった。

このファイルコイン・ファンドが保有するファイルコイン(FIL)はジェミナイ・カストディで保管・管理され、ホロンのトレーダーらが取引業務を担っていくとのこと。このファンドの運用方針は、今後3ヶ月間で約20億円(2,500万豪ドル)の調達を目指し、5年間で100%のFILリターン、0%の管理手数料とのことだ。このファンドは投資家から法定通貨で資金を調達し、ファイルコインを購入・運用していく。

ジェミナイはこの提携について「アジア太平洋地域におけるジェミナイの存在感を高めていく中で、ホロン・グローバル社と協力して、暗号資産へのエクスポージャーを求める機関投資家や富裕層の投資家に業界最高水準のセキュリティとコンプライアンスを提供できることを嬉しく思います」とリリースで説明している。

参考:ジェミナイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kazuma-seki

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した