バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

バイナンスがドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。

またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、他の欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている。*詳細下記

リリースによると、ドイツ、イタリア、オランダの居住者はすでに新規に口座の開設はできなくなっているとのこと。また既存ユーザーについては90日以内に対応を行うようだ。

バイナンスは今回の対応について「ヨーロッパ地域はバイナンスにとって非常に重要な市場です。そしてバイナンスは暗号資産の規制調和に向けて積極的な取り組んでおり、これは業界にとってポジティブな兆候です」と述べている。*詳細下記

* 2021.7.30 21:10追記 バイナンスは他の欧州地域でのサービス提供終了について明言した旨のツイートを削除しました。そのツイートにて記載されていた点について取り消しをしています。

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察