エルサルバドルでステーブルコイン「コロン・ドル」発行か、地元紙報道

エルサルバドルでステーブルコイン「コロン・ドル」発行か

ビットコインを第二の法定通貨にする法案を可決したエルサルバドル共和国が、年内にステーブルコインの発行を計画していると地元紙エル・ファロ(El Faro)が7月16日報じた。

エル・ファロが入手したオンライン会議の動画や2019年11月から2年間のロードマップを含む文書などの情報をもとに報じられている。

その動画には、エルサルバドル大統領のネイブ・ブケレ(Nayib Bukele)氏の兄弟であるイブラヒム・ブケレ氏(Ibrajim Bukele)とユセフ・ブケレ氏(Yusef Bukele)が外部アドバイザーや民間業者などに対し、同国の代表として交渉にあたっている様子が記録されているという。またそこで両氏は自身を大統領のアドバイザーと名乗り最終決定権は大統領にあると説明しているとのことだ。

報道によるとこのステーブルコインは、かつてエルサルバドルで1892年から2001年まで使用されていた通貨「サルバドール・コロン」にちなみ「コロン・ドル」と呼ばれている。なお「コロン・ドル」は現在同国が法定通貨として導入している米ドルに連動するようだ。

しかしエル・ファロは同国の報道官であるエルネスト・サナブリア氏(Ernesto Sanabria)から「ビットコイン以外の法定通貨は検討していない」としたコメントを得ており、同氏は「政府が支持している唯一の公共政策は、ドルを基準通貨として、ビットコインをドルと並べることです。それ以外はすべて、捨てられたアイデアか、単なる第三者の提案です」と説明しており、またイブラジム・ブケレ氏とユセフ・ブケレ氏が政権では正式なポストに就いていないと語ったとのことだ。

なおエル・ファロが確認した今後のエルサルバドル政府の取り組みは、身分証明書、出生証明書、納税記録、医療記録、学業証明証、犯罪記録など政府が記録する情報やプロセスをブロックチェーン技術を利用し、徐々にデジタル化する計画であるとのこと。ロードマップによると政府は2022年3月から11月の間にデジタル化を完了させたいとのことだ。

参考:エル・ファロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。