アシックスがNFT販売、落札者にはNFTシューズのアクセス権が付与

アシックスがNFT販売、落札者にはNFTシューズのアクセス権が付与

アシックスがNFTシリーズの「SUNRISE RED NFTコレクション」をオークションで販売することを7月13日に発表した。

オークションはオープンシー(OpenSea)を通じて、7月16日午前1時から7月20日午前1時(日本時間)まで実施される予定とのことだ。

「SUNRISE RED NFTコレクション」は、アシックス初となるシューズのNFTで、ランニングシューズやタウンユース向けのスポーツスタイルシューズ、サンダルなど9種類がある。

オークションで落札したすべてのNFT所有者は、アニメーションやアプリケーション(メタバースを含む)において使うことができる3Dモデルやテキスチャーを受け取ることができるとのことだ。

つまりオークション落札者にはシューズの3Dモデルを含むパッケージへのアクセス権が付与されることになる。

オークションで得た収益は、今後設立を予定しているデジタル分野のアーティストを育成するとともにグローバルでその才能を発揮いただく場を提供する「アシックス・デジタルグッズ・アーティスト・イン・レジデンス プログラム」を通じてデジタルアーティストへ還元する予定のようだ。

参考:アシックス

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored