エルサルバドルの野党、ビットコイン法定通貨の法案を訴訟

エルサルバドルの野党、ビットコイン法定通貨の法案を訴訟

エルサルバドル政府が6月8日に可決したビットコインを法定通貨に定める法案が違憲であるとして、同国政府の野党が訴訟を起こしたことを地元紙El Mundo(エルムンド)が6月21日報じた。

この訴訟は野党のファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)の副党首であるジェイミー・ゲバラ(Jaime Guevara)議員が市民グループを率いて起こしている。

報道によると市民グループの一人はこの法案について「ビットコイン法によって発行された法令は、合法性を欠き、根拠を欠き、このような法律がこの国にもたらす重要性と有害な影響を考慮せずに発行された法令であるとして、違憲訴訟を提起します」と述べているとのことだ。

またこの法案に反対しているのはゲバラ議員たちだけではないとのことで、エルサルバドル商工会議所の調査によると国民の8割がビットコインの法定通貨化に同意しないとしている。

関連ニュース

エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に、法案可決

参考:El Mundo
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Balora・Duminda-Cooray

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】韓国釜山市がブロックチェーンシティ目指し本格始動、バイナンスが欧州でステーブルコイン上場廃止を視野など

韓国釜山市が「ブロックチェーンシティ」目指し本格始動、約110億規模のファンド設立も、バイナンス、MiCA準拠のためにステーブルコイン上場廃止を視野に、アスター(ASTR)、韓国大手bithumbに上場、ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

ブリッジプロトコル「ワームホール(Wormhole)」提供の「ワームホールコネクト(Wormhole Connect)」が、米ドルステーブルコイン「USDC」をブロックチェーン間で転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」と統合したことが9月20日に発表された

【9/21話題】コナミのPROJECT ZIRCONとNFTマーケットプレイス「リセラ」、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場など

コナミ、初のweb3プロジェクト「PROJECT ZIRCON」とNFTマーケットプレイス「リセラ」発表、国内初、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場。エイプコイン(APE)とアクシーインフィニティ(AXS)も、PayPalのモバイル決済アプリ「Venmo」、同社発行のステーブルコイン「PYUSD」を利用開始、ハッシュキーDXがIOSTのノードパートナーに参加、企業向けWeb3サービス開発支援で協力も、Polkadotエコシステムのコミュニティ「PolkaWorld」、資金提供を拒否され運営停止へ