エルサルバドルの野党、ビットコイン法定通貨の法案を訴訟

エルサルバドルの野党、ビットコイン法定通貨の法案を訴訟

エルサルバドル政府が6月8日に可決したビットコインを法定通貨に定める法案が違憲であるとして、同国政府の野党が訴訟を起こしたことを地元紙El Mundo(エルムンド)が6月21日報じた。

この訴訟は野党のファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)の副党首であるジェイミー・ゲバラ(Jaime Guevara)議員が市民グループを率いて起こしている。

報道によると市民グループの一人はこの法案について「ビットコイン法によって発行された法令は、合法性を欠き、根拠を欠き、このような法律がこの国にもたらす重要性と有害な影響を考慮せずに発行された法令であるとして、違憲訴訟を提起します」と述べているとのことだ。

またこの法案に反対しているのはゲバラ議員たちだけではないとのことで、エルサルバドル商工会議所の調査によると国民の8割がビットコインの法定通貨化に同意しないとしている。

関連ニュース

エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に、法案可決

参考:El Mundo
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Balora・Duminda-Cooray

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。