チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携

チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、米NBA所属チームであるフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)との公式チームパートナーシップを6月17日発表した。リリースによるとSocios.comがNBAチームと提携するのは今回が初の事例とのことだ。

https://twitter.com/socios/status/1405498247100121090

ブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)が運営する「Socios.com」では、プロスポーツチームがファントークンを発行・販売することで資金調達ができる。またファンはそのファントークンを購入することでクラブチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。なお今回の76ersとの提携によるファントークン発行については発表がない。

今回の提携でSocios.comは2021年から22年のシーズンから始まる76ersの公式チームパートナーとなることで、76ersのゲーム中にSocios.comのロゴなどがアリーナ全体の広告やテレビに表示されるようになるとのことだ。

参考:Socios.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored