NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」、MediBangと業務提携

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」、MediBangと業務提携

GMOインターネット株式会社が、マンガやイラストの公開・閲覧プラットフォームおよび制作ツールを展開する株式会社MediBang(メディバン)と資本業務提携を行ったことを6月14日に発表した。

GMOインターネットは4月にNFT事業への参入を発表しており、同社がこれまで暗号資産関連事業を通じて蓄積してきたノウハウや自社開発によるブロックチェーン技術を活かしたNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の提供を予定している。

メディバンは世界最大級のユーザー数を抱える無料イラスト・マンガ制作ツール「MediBang Paint」や月間PVが500万に上るイラスト・マンガ投稿サイト「ART streert」の開発・提供を行っている企業。

この資本提携により今後はGMOインターネットグループが提供を開始するNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」において、メディバンの有する技術を活かし、世界中のアーティストやクリエイターが作品を制作・発信しやすい環境づくりを進めていくとのことだ。

参考:GMOインターネット
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored