暗号資産ステーキング・ノード管理のブロックデーモン、GSらから約30億円調達

暗号資産ステーキング・ノード管理のブロックデーモン、GSらから約30億円調達

暗号資産(仮想通貨)のステーキングとノード管理のインフラを提供する米ブロックデーモン(Blockdaemon)が、シリーズAの資金調達ラウンドにてゴールドマンサックスらから約30億円(2,800万ドル)を調達したことを6月8日に発表した。

このシリーズAラウンドはグリーンスプリング・アソシエイツが主導し、新規投資家としてゴールドマン・サックス、BlockFi、ウォーバーグ・セレス、Uphold、Voyager Digital.、Illuminate Financial、Hard Yakaが参加した。既存のシードラウンドの投資家であるBoldstart Ventures、Coinfund、Kenetic、CoinShares、Borderless Capital、Blockchain.com Ventures、Lerer Hippeau、Heavybitは投資額を増やしている。

ブロックデーモンはこの1年間で40のブロックチェーンネットワークと20の地域に10,000以上のノードを展開した。またブロックデーモンは平均50億ドル以上のステーキング資産を持ち、年末までに500億ドル以上の資産を持つことを目指しているようだ。

具体的にブロックデーモンはBETH 2.0、Bitcoin、Cardano、Polkadot、Cosmos、SKALE、MobileCoin、Lightning Networkなどのノードやステーキングをサポートしているとのことだ。

ブロックデーモンのCEO兼創業者であるコンスタンティン・リッチャー(Konstantin Richter)氏は「今回の資金調達はブロックデーモンにとって重要なマイルストーンとなります。業界をリードする金融テクノロジープロバイダーやVC企業からの投資により、今回のラウンドでは、グローバルな金融機関との既存の戦略的関係を深めながら、ノードインフラストラクチャサービスのさらなる拡大、成長中のチームへの追加、世界各地の新興市場でのプレゼンスの強化を図ることができます。ブロックデーモンは、あらゆる規模の金融機関に信頼されるブロックチェーン業界のゲートウェイとして、企業に最適なノード構成を提供することで、複雑で時間とコストのかかるノード管理プロセスを簡素化し、事業を迅速に拡大することができます」とコメントしている。

参考:ブロックデーモン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・Максим-Ивасюк・vchal

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。