米スクエア、太陽光発電を利用したマイニング施設建設へ

米スクエア、太陽光発電を利用したマイニング施設建設へ

米スクエア(Square)が、ビットコイン基盤技術開発企業であるブロックストリーム(Blockstream)と提携し、太陽光発電を利用したビットコインマイニング施設を建設すると6月5日発表した。

ブロックストリームの発表によると、スクエアはこの施設に500万ドル(約5.4億円)を投資する予定で、ブロックストリームはプロジェクトの構築および管理するためのインフラストラクチャと専門知識を提供するとのこと。

また、この施設は100%再生可能エネルギーを利用したビットコインマイニングの大規模な概念実証(PoC)となり、運用コストと ROI (投資利益率)を含む建設の経済性を表すデータが一般に公開されるとのことだ。

ブロックストリームは「私たちは、現実での再生可能なマイニング施設が可能であることを示すだけでなく、ビットコインが持続可能な未来に向けて世界を加速させることを証明したいと考えています」とリリースにて述べている。

さらにスクエアは「私たちは、再生可能エネルギーとビットコイン採掘の透明性の高いケーススタディとして、一般向けのダッシュボードを作成する予定です」とツイートしている。

参考:ブロックストリーム
デザイン:一本寿和
images:iStock/taraki・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored