JVCEAの第二種会員にCrypto Garage入会

JVCEAの第二種会員にCrypto Garage入会

日本暗号資産交換業協会(JVCEA)が、同協会の第二種会員として株式会社Crypto Garage(クリプトガレージ)が入会したことを6月7日発表した。

JVCEAの第二種会員は、暗号資産(仮想通貨)交換業者への登録が「申請中」または「申請予定」の事業者のことを指す。

会員登録までの流れは「入会申し込みフォーム入力、一次審査、二次審査、理事会審査、入会」となっている。第二種会員の入会金は200万円で年会費は、360万円となっている。

なおJVCEAの第二種会員への入会は今年に入りクリプトガレージで6社目であり、その数は7社となった。なお現在の第一種会員は29社である。

第二種会員一覧(21.6.7時点)

Coinbase株式会社(20.3.1入会)、東京ハッシュ株式会社(20.3.1入会)、株式会社ガイア(21.1.1入会)、eワラント証券株式会社(21.1.1入会)、トレイダーズ証券株式会社(21.2.1入会)、IG証券株式会社(21.3.8入会)、株式会社Crypto Garage(21.6.7入会)

参考:JVCEA
デザイン:一本寿和
images:iStock/Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored