BTCやUSDCの利回りを証券化、機関投資家向けファンド「Securitize Capital」設立

BTCやUSDCの利回りを証券化、機関投資家向けファンド「Securitize Capital」設立

米証券化プラットフォームのセキュリタイズ(Securitize)が完全子会社であるセキュリタイズ・キャピタルの設立を5月26日発表した。セキュリタイズ・キャピタルはデジタル資産ファンドのオルタナティブ投資マネージャーとして、暗号資産や分散型金融(DeFi)へのエクスポージャーをデジタル資産証券の形で投資家に提供する。このファンドの株式はアルゴランドブロックチェーン上に記録されたデジタル資産証券として発行され、セキュリタイズが名義書換代理人となる。

セキュリタイズ・キャピタルが設立された背景として「機関投資家が暗号資産へのエクスポージャーやDeFiを通じて得られる利回りにアクセスするのは複雑であるから」とリリースにて説明されている。

セキュリタイズ・キャピタルの2つの主力ファンドは、6月初旬にローンチされる予定だ。これらのファンドは投資家に「BTC」、または米ドルステーブルコイン「USDC」への直接的なエクスポージャーを提供し、現在市場に出回っているファンドよりも高い利回りと低い手数料を実現するとのことだ。具体的にファンド名はそれぞれ「Securitize Capital BTC Yield Fund」と「USDC Yield Fund」で、管理手数料は年間0.5%となる。またこれらの商品は、伝統的な金融市場と同期して動く可能性が低いため、他の市場の動きに対する潜在的なヘッジとなり、強力な潜在的な利回りのドライバーとなるため、バランスの取れたポートフォリオの一部としてユニークな役割を果たすとリリースで説明されている。

セキュリタイズ・キャピタルは、デジタルバンクのアンカレッジ・レンディングとプライム・ブローカーのジェネシスに融資案件の仕様などを規定してもらう。またMG Stover&Coによってファンドは管理され、Spicer Jeffriesによって監査される。

セキュリタイズ社のCEOであるカルロス・ドミンゴ(Carlos Domingo)氏は「私たちは、機関投資家の皆様から、暗号通貨へのエクスポージャーを求める非常に強い要望を目の当たりにしています。彼らは単に暗号資産を保有するだけではなく、DeFi戦略が生み出す利回りへのアクセスを求めています。現在提供されている商品は非常に限られており、ほとんどが利回りがなく、手数料が高いものです。本日発表する機関投資家向けのファンドのようなものは市場になく、今後もこのような商品を導入することを楽しみにしています」とコメントしている。

アンカレッジ・デジタルの社長兼共同創業者であるディオゴ・モニカ(Diogo Mónica)氏は「アンカレッジ・ファイナンシングを通じて、セキュリタイズのような機関がコンプライアンスに則った安全な方法でデジタル資産を貸し出すことができることを誇りに思います。アンカレッジ・デジタルは、デジタル資産へのアクセスを増やすことに常に取り組んでおり、これらのファンドはビットコインとステーブルコインへの投資を、全く新しい参加者にとってアクセス可能なものにしています」とコメントしている。

ジェネシスの機関投資家向け融資部門の責任者であるマット・ボールンスウェイグ(Matt Ballensweig)氏は「ジェネシスは2013年に米国初の店頭ビットコイン・トレーディング・デスクを立ち上げました。それ以来、21年第1四半期の600億ドル以上を含め、毎月数十億ドルの取引、融資、トランザクションを促進するまでに成長しました。機関投資家によるデジタル通貨への需要が高まる中、セキュリタイズと協力できることを嬉しく思います。私たちが協力することで、機関投資家が慣れ親しんだファンドの形でデジタル通貨と利回りを利用できるようになります」とコメントしている。

参考:セキュリタイズ
デザイン:一本寿和
images:iStock/Максим-Ивасюк・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。