LINEが中銀デジタル通貨事業を展開へ、韓国LINE Plusがアフリカと南米にて

LINEが中銀デジタル通貨事業を展開へ、韓国LINE Plusがアフリカと南米にて

メッセージングアプリLINEのグループ会社である韓国LINE Plus Corporationが、ブロックチェーンペイメントプラットフォームサービスを提供する米NuriFlex(ヌリフレックス)と中南米及びアフリカ地域における中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するブロックチェーンプラットフォーム構築に向けたMOUを締結したことを5月27日発表した。

なお発表によると、韓国企業では初めて中南米・アフリカの金融プラットフォーム事業に進出することになるようだ。

ヌリフレックスは現在UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)プロジェクトとして知られるカメルーンの国家健康保険システムのコア技術パートナーとして参加しており、ブロックチェーン技術を活用した様々なサービスを提供する予定であるとのこと。また同社は大容量データ処理ソフトウェアプラットフォームを世界中の電力会社に提供しているという。またLINE PlusはLINEのグローバル市場を拡大するために設立された企業である。

今回のMOU締結により、両社のブロックチェーン技術を基に各国が政策と金融環境に合わせたオーダーメイド型CBDCブロックチェーンプラットフォームを開発し、CBDCに関心のある中央銀行に提供する予定であるとのことだ。

LINEのブロックチェーンラボは「LINEはすでに独自開発したブロックチェーンプラットフォーム基盤でブロックチェーンウォレットと様々なサービスを開発し、独自のエコシステムを運営しています。ヌリプレックスの中南米及びアフリカにおけるビジネス経験とLINEのブロックチェーン技術の結合により当該地域にCBDCを通じた金融産業に革新を起こすことを希望しています」とリリースにて述べている。

ヌリフレックスのCEOであるエリザベス・パーク(Elizabeth Park)氏は「ヌリフレックスグループは中南米及びアフリカ地域の国家電力網産業ですでにビジネス成果を出しており、またブロックチェーン基盤のデジタル決済及びプラットフォームサービスの提供について世界中のパートナーと議論している」とし「ヌリフレックスの中南米及びアフリカ地域での事業開発経験とラインのブロックチェーン技術の結合は該当地域でのCBDC事業機会を成功させる上で大きなメリットとなるだろう」とリリースにて述べている。

編集部のコメント

昨年10月にLINEはCBDC開発支援に乗り出したことが報じられており、また同社広報担当者も「事実である」と認めていました。対象国については回答を得られなかったが、今回のニュースで中南米とアフリカが対象であったことが明らかになりました。

関連ニュース

(追記あり)LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発支援へ

参考:LINE Plus CorporationNuriFlex

デザイン:一本寿和
images:iStock/bakhtiar_zein

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない