(追記あり)LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発支援へ

LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発支援へ

メッセージングアプリを手掛けるLINEがアジア主要国の中央銀行へ向け、中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発支援に乗り出したことをTheBlockが10月20日報じた

TheBlockの報道によると、LINE広報担当者が「LINEブロックチェーンをベースにCBDCにフィットしたブロックチェーンプラットフォームを提供することを目指している」と証言をしているとのことだ。

また韓国のITメディアであるIT Chosunの報道によると、現在LINE社はアジア主要国の中央銀行とブロックチェーンプラットフォーム技術の適用を議論しているとのことだが、「現在の議論を行っている国を明らかにするのは難しい」とLINE関係者は答えているとのことだ。

あたらしい経済編集部はLINE株式会社の広報担当者に対し、事実確認を行ったところ「事実である」と回答をもらった。また対象国についても問合せを行ったが、他の報道と同様に「具体的な国名については回答を差し控えます」とのことだった(2020.10.21 17:00追記)。

編集部のコメント

まずCBDCの技術基盤としてブロックチェーン採用可否の判断が求められますが、CBDCの開発にブロックチェーンを利用するとした場合に大きく2つの課題が存在しています。エンタープライズブロックチェーンやイーサリアムのパブリックブロックチェーンではCBDCのリテール型が求める技術安定性、拡張性、処理速度、個人情報保護、システム復元性が不十分だと考えられています。その点において、LINE社はLINE Payにおけるリテールサービスの経験と独自トークンLINKの発行、ブロックチェーンプラットフォームであるLINE Blockchainの運営を行っています。IT ChosunによるとLINE社はこのような実績から、CBDCのリテール型への対応に期待がされているとのことです。

なおCBDCには、金融仲介機関の資本決済を想定する大口取引(ホールセール)型と企業や個人など幅広い利用者を想定する一般利用(リテール)型があります。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/bakhtiar_zein)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOを務めるラリー・フィンク(Larry Fink)氏が「ビットコインは多くの人々の注目と想像力を集めていて、資産クラスとして成長する態勢が整っている」とNPO法人が主催する「対外関係審議会」 で述べたことをDecrtptoが12月2日に報じた。