ステラ開発財団、AirTMに約16億円を投資

ステラ開発財団、AirTMに約16億円を投資

ステラネットワークの開発と成長をサポートする非営利団体ステラ開発財団(Stellar Development Foundation)が、デジタルウォレットおよびP2P交換プラットフォームであるAirTM(エアーティーエム)に1500万ドル(約16億円)の投資したことを5月25日に発表した。なお今回の投資はステラ開発財団による、これまでで最大のエンタープライズファンド投資になるとのことだ。

リリースによると今回の投資により、来年中にステラとAirTMは統合することで、堅牢なプラットフォームの開発を進めるとのこと。またラテンアメリカおよび他の発展途上国の企業と消費者にグローバルな金融サービスを提供するとともに、ステラネットワークの最も強力な機能を活用して、取引の効率化、安全性、費用対効果の向上を図るとのことだ。

AirTMのCEOであるルーベン・ガリンド・ステッケル(Ruben Galindo Steckel)氏は「今回の投資とStellarネットワークとの統合により、発展途上国全体の消費者と企業がその価値を保持し、無料で即座に送金でき、グローバルと互換性のある安定的なお金にアクセスできるようにするという使命を前進させ続けます。そして必要な時に、いつでもどこでも現地通貨として引き出すことができます」と述べた。

参考:ステラ開発財団
デザイン:一本寿和
images:iStock/primo-piano

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース