【取材】ディーカレット、国内初のイーサリアムのマイニング運用サービス提供へ(ディーカレット紺野勝弥氏)

追記(2020年5月11日):以下ニュース発表後、株式会社ディーカレットより、以下サービス関するお詫び文が公開されました。詳細はこちらを参照ください。

ディーカレット、国内初のイーサリアムのマイニング運用サービス提供へ

国内にて暗号資産取引所を運営する株式会社ディーカレットが、イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービスを提供開始することを5月10日発表した。

このサービスの提供は国内の暗号資産交換業者としては初の事例であり、今年3月に同社が募集をしたビットコイン・マイニングマシンの小口販売および運用サービスの提供に続き、第2弾のマイニング関連サービスとなる。

このサービスはディーカレットが販売するグラフィックスカードを購入することで、毎月マイニング報酬(ETH)が受け取れる。ユーザー自身での設置やメンテナンスも必要がないとのことだ。

今回ディーカレットが販売するのはNVIDIA社製グラフィックスカード「NVIDIA CMP 30HX」となっており、ETHマイニングに特化したシリーズであるとのこと。この製品は1つのCPUでより多くのGPUを制御できるよう構成されており、ETHハッシュレートは最大26 MH/sの出力性能を有するという。またメモリ容量は6GBで、NVIDIA社のCMP(Cryptocurrency Mining Processor)シリーズのエントリーモデルとなるとのこと。

販売価格は全て税込で1~10枚購入の場合は単価250,000円、11~40枚購入の場合は単価240,000円、41~399枚購入の場合は単価230,000円、400枚以上購入の場合は単価210,000円となっている。なお以上の価格はグラフィックスカードの代金、メーカーからの輸送・設置費用、通関業務手数料、関税、輸送保障にかかる一切の費用が含まれるとのことだ。

この製品の購入募集期間は2021年5月31日20:00~6月13日23:55となっており、マイニングマシン設置と稼働開始予定時期は7月を予定している。また契約期間は契約開始日より3年間となっており、契約更新は契約終了日から180日前までに申し出があった場合かつそれをディーカレットが承認した場合のみ受け付けるとのことだ。

ディーカレット 暗号資産事業グループヘッド 紺野勝弥氏へ取材

あたらしい経済編集部は株式会社ディーカレットの暗号資産事業グループヘッド 紺野勝弥氏へ取材を行った。

―今回の製品のおすすめのポイントはなんでしょうか?

紺野勝弥氏(以下、紺野):オススメポイントは投資単価が下がったことです。ハッシュボード単位での販売になるため、25万円から投資できます。これまで、マイニングに参加したくても投資単位が大きくてできなかった投資家層にも手が届くと思います。

―なぜ今回はイーサリアムのマイニングにしたのでしょうか?

紺野:イーサリアムにした理由は、NFTやDeFiなどを背景にアルトコイン相場が伸びると考えていたからです。 ビットコインに次いで大きな時価総額のETHマイニングも安定的にマイニング収益を出すことが可能です。

―この投資に関するリスクも教えてください。

紺野:投資に関するリスクとしては、もちろん価格下落リスクが一番です。ただマイニングの場合はハッシュレートも影響するので価格下落のダウンサイド・プロテクション(資産価値の下落を守ること)はあります。マイニング運用に関するリスクの詳細については、予め契約書面等をご確認いただければと思います。

―今後マイニング関連商品としてどんなものを企画する予定がありますか? またBTCやETH以外もやる可能性はありますか?

BTC、ETHともに継続的に提供できるようにマシンの仕入れ等を行っていきます。大規模にやるとなると、この2つのマイニングを主軸に行っていくのが最終的には効率が良いと考えています。 ただし、お客様からの需要次第では他のアルトコインのマイニング案件も仕立ててみたいと思います。

関連ニュース

ディーカレットが国内初のビットコイン・マイニングマシンの販売・運用サービス開始

(images:iStock/champc)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース