米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に

米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に

米国最古のワインショップであり世界最大の高級ワインオークションハウスであるAcker(アッカー)が、オークションおよび小売販売での支払いに暗号資産(仮想通貨)決済の導入開始を4月13日発表した。

リリースによるとアッカーでの支払い対象の暗号資産はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ドージコインの他、USドルペッグのステーブルコインであるPAX、Gemini Dollar、BUSDもサポートするという。

支払いには暗号資産ウォレットBitPay(ビットペイ)を使用することで、顧客はクレジットカードでの決済と同様に簡単に支払いを行えるとしている。

またアッカーは、同社が提供するワイン投資分析プラットフォーム「Acker wine markets」のチャートにビットコインとイーサリアムを追加したとのことだ。

アッカーの会長であるジョン・カポン(John Kapon)氏はリリースにて「暗号通貨はもはや一過性の流行ではありません。アメリカで最も古くからライセンスを取得している企業の一つとして、Acker社は、会社としての3世紀目に進化し続ける中で、この新しい支払い形態を受け入れることを誇りに思っています(以下略)」とコメントしている。

参考:アッカー

(images:iStock/kayros・m_pavlov・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】クラーケンが米・英上場株式の取引サービス提供を計画か、バイナンスがロシア市場から完全撤退など

米クラーケン、米国と英国の上場株式の取引サービス提供を計画か=報道、バイナンス、ロシア市場から完全撤退、クリプトドットコムが「PYUSD」優先取引所に、PayPalとPaxosとの提携で、米SEC、アークインベストメント申請の「現物ビットコインETF」の承認可否をまたも延期、上海市がブロックチェーン開発の計画発表。貿易・金融・メタバースの発展サポートへ、チェーンリンクのクロスチェーン相互運用プロトコル、コインベースのイーサL2「Base」で稼働、オンランプサービス提供のランプネットワーク、メタマスクと提携、Bitcoin Ordinalsの開発者、BRC20に代わるビットコイン用プロトコル提案、コイントレード、イーサリアム(ETH)のステーキングサービス提供開始