Web3.0の実現を加速、コンセンシスがJ.PモルガンやUBS証券らから約71億円の資金調達

Web3.0の実現を加速、コンセンシスがJ.PモルガンやUBS証券らから約71億円の資金調達

イーサリアム関連技術開発企業コンセンシス(ConsenSys)が、イーサリアム上の分散型金融(DeFi)およびWeb3アプリケーションとエンタープライズ・ブロックチェーン・インフラとの融合を加速させるために、約71億円(6,500万ドル)の資金調達を行った。

この資金調達には、J.P. Morgan、Mastercard、UBS証券、Protocol Labs、Maker Foundation、Fenbushi、The LAO、Alameda Research、CMT Digital、Greater Bay Area Homeland Development Fund、SNZ Holding、NGC Ventures、Quotidian Ventures、Liberty City Venturesなどが参加した。またいくつかのファンドは、イーサリアムベースのステーブルコインDAI、USDCで投資を行ったようだ。

コンセンシスのプロダクトは、開発者、企業、ユーザーがイーサリアムにアクセスするための重要なポイントとなっていて、Web3.0の世界をより身近で便利なものにしている。例えばMetaMaskはモバイルとデスクトップで月間300万人以上のアクティブユーザーを抱えている。そして150,000人以上の開発者がInfuraのAPIを使用しており、数百万人の開発者はTruffleを使用してスマートコントラクトを作成・展開しているとのこと。

さらにHyperledger BesuやConsenSys Quorumを開発しているプロトコルグループは、商取引・金融アプリケーションスイートであるConsenSys Codefiとともに、6つの中央銀行向けに中央銀行デジタル通貨(CBDC)を構築している。

コンセンシスはMetaMaskウォレットにトークン・スワップ機能を搭載し、ユーザーが最も豊富なトークンを最も競争力のある価格で利用できるようにした結果、利用量は20億ドルに達しているとのことだ。

ConsenSysの創設者であり、イーサリアムの共同創設者であるジョセフ・ルービン氏は「資金調達に着手した際、ウェブの発展と同様に、経済全体が次世代プロトコルの革命家に加わるという信念に基づき、多様なキャップテーブルを忍耐強く構築することが重要でした。ConsenSysのソフトウェアスタックは、イーサリアムのような分散型プロトコルによって実現された、新しい自動化された客観的な信頼基盤へのアクセスを意味します。ConsenSysと業界全体の成長にとって特にエキサイティングなこの時期に、中央集権型と分散型の金融領域をさらに収束させるために、主要な金融企業や主要な暗号会社と提携できることを誇りに思います」とコメントしている。

UBSのグループ・テクノロジー部門の責任者であるマイク・ダーガン氏は「ConsenSysへの投資により、分散型台帳技術に関する実証済みの専門知識がUBS Nextのポートフォリオに加わりました。この投資は、フィンテックおよび広範な技術エコシステムと協力して、顧客の利益のために銀行業務の未来を形作るという当社のコミットメントを明確にするものです」とコメントしている。

Mastercardのデジタルアセットおよびブロックチェーン製品とパートナーシップ部門のEVPであるラージ・ダモダラン氏は「Enterprise Ethereumは、当社と当社のパートナーが未来の商取引を促進するための決済および非決済アプリケーションを構築する上で、重要なインフラストラクチャです。当社はデジタル通貨に焦点を当てたマルチレール戦略を遂行しており、CBDCを検討している中央銀行をサポートしています。ConsenSys社への投資とパートナーシップにより、セキュアでパフォーマンスの高いエンタープライズ・イーサリアム機能を当社の顧客に提供することができます」とコメントしている。

Protocol Labs社の創設者であるユアン・ベネット氏は「ConsenSysは、分散型ウェブの未来に大きな賭けをした最も早い組織の一つです。ConsenSysは、分散型ウェブの未来に大きな賭けをした初期の組織の一つです。ConsenSysのチームは、web3.0を次の10億人のユーザーに届けるために、大きな役割を果たすことになるでしょう」とコメントしている。

CMT Digitalの共同創業者兼CEOのコリーン・サリバン氏は「ConsenSysは、伝統的な金融、中央集権的な暗号、DeFi、さらに広くはWeb2.0とWeb3.0の間のギャップを埋めるパイオニアです。ConsenSysのチームが、リテールや機関投資家を問わず、世界中のユーザーが簡単に暗号資産のエコシステムにアクセスできる道を切り開いていく中で、今回の資金調達ラウンドに参加できることを誇りに思います」と述べている。

Distributed Capital Partners LLCのマネージングパートナーであり、Maker Foundationの事業開発責任者であるグレゴリー・ディ・プリスコ氏は「Consensysは、Distributed Capitalのポートフォリオと戦略にとって不可欠な要素です。イーサリアムの “pickaxes”、最先端のエンタープライズ・ブロックチェーン・ソフトウェア、そして高成長のスタートアップ企業のポートフォリオへのエクスポージャーを提供します。私たちはその旅に参加できることを楽しみにしています」と述べている。

The LAOのメンバーであるカーチャ・コバレンコ氏は「Web3.0の構築を初期の頃から最前線で行ってきたConsenSysをサポートできることを嬉しく思います。現在、何百、何千ものブロックチェーンプロジェクトや企業に利用されているそのインフラで、今後もこの分野をリードしてくれると信じています」とコメントしている。

参考:ConsenSys

(images:iStock/Abscent84・BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと