SECコミッショナー、分散化の開示事項なども示すセーフハーバー提案の更新版を発表

SECコミッショナー、分散化の開示事項なども示すセーフハーバー提案の更新版を発表

米国証券取引委員会(SEC)のコミッショナーであるへスター・パース(Hester Peirce)氏が暗号資産(仮想通貨)に関するセーフハーバー提案の最新版を4月13日に発表した。

セーフハーバーとは、企業やプロジェクトが特定の条件を満たしている限り、法令違反として扱われない措置のことを指す。

パース氏による最初のセーフハーバー提案は2020年2月に発表され、その主たる内容は「暗号資産プロジェクトがICOなどで資金を調達してから3年間は猶予期間として証券法の規制に拘束されず、猶予期間の終わりまでにそのプロジェクトが非中央集権化していれば、その後も証券発行者としての登録をすることなく開発を続けられる」というものだった。

今回発表された最新版のセーフハーバー提案における変更点としては、開発計画の半年ごとの更新、ブロックエクスプローラーの開示、終了レポートの提出などが挙げられている。特に終了レポートについては、開発したネットワークの分散性や機能性に関して外部の弁護士による分析が必要となるとのこと。

分散性の開示に関しては「議決権、開発努力、ネットワークへの参加など、様々な側面から見て分散性がどの程度達成されているかの説明、初期開発チームとは無関係の当事者による、ネットワーク開発およびガバナンスに関する重要な関与の例、分散化の定量的な測定方法の説明」が必須となっている。

パース氏は「この最新の提案についてのフィードバックとこの問題に対処する方法について、一般の方を招いて今後も誠実でオープンな議論を続けていきたいと思います」と述べている。

参考:SEC

(images:iStock/gstraub・msan10・artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと