Webメディアにコメントしてビットコイン報酬も、ブロックチェーン活用のコミュニケーションアプリ「Links」正式リリース

ブロックチェーン活用のコミュニケーションアプリ「Links」正式リリース

Links株式会社が、暗号資産(仮想通貨)を無料で送受信できる次世代コミュニケーションアプリ「Links」を4月5日に正式リリースした。

「Links」は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と非同期BFT(Asynchronous BFT)のコンセンサスアルゴリズムを採用するDAGベースの分散ネットワーク「Mixin Network」を活用している。なおこのアプリには暗号資産ウォレット機能が実装されており、携帯番号と6桁のPINコードのみで利用可能だ。そしてLinksでは、一般的なメッセージアプリのように暗号化された通信によるメッセージのやり取りができ、そこにビットコインなどの暗号資産の送受信もできる仕組みが組み込まれている。

また「Links」は国内暗号資産メディアCoinPost(コインポスト)と提携もあわせて発表した。アプリリリースの記念として、CoinPost上にコメントをするとビットコインがもらえるキャンペーンや、月間「いいね」数ランキングに基づいた、追加インセンティブを配布するキャペーンを実施するとのことだ。

なお今回CoinPostに実装したこのプラグインは、どのWebサイトにも導入可能とのことだ。プラグインを導入すれば、ビットコインの報酬やトークンエコノミー設計が可能なコメントシステムをLinksログインを通して実現できるとのこと。

また今回のリリースでは、テスト期間中好評だった「Linkersチャット」に加え、新たに仮想通貨雑談「かそざつ(仮)」とニュース雑談「ニュースあんてな」のルームが追加されたとのこと。

インタビュー動画はこちら

あたらしい経済とコインポストがお送りするYouTube番組「CONNECT」にてLinks代表の各務貴仁氏と同社取締役COOのサニー・ワン氏にLinksの理念やマイクロペイメントで変わる世界について語ってもらっています。併せてご覧ください。

(images:iStocks/ru_・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ