Webメディアにコメントしてビットコイン報酬も、ブロックチェーン活用のコミュニケーションアプリ「Links」正式リリース

ブロックチェーン活用のコミュニケーションアプリ「Links」正式リリース

Links株式会社が、暗号資産(仮想通貨)を無料で送受信できる次世代コミュニケーションアプリ「Links」を4月5日に正式リリースした。

「Links」は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と非同期BFT(Asynchronous BFT)のコンセンサスアルゴリズムを採用するDAGベースの分散ネットワーク「Mixin Network」を活用している。なおこのアプリには暗号資産ウォレット機能が実装されており、携帯番号と6桁のPINコードのみで利用可能だ。そしてLinksでは、一般的なメッセージアプリのように暗号化された通信によるメッセージのやり取りができ、そこにビットコインなどの暗号資産の送受信もできる仕組みが組み込まれている。

また「Links」は国内暗号資産メディアCoinPost(コインポスト)と提携もあわせて発表した。アプリリリースの記念として、CoinPost上にコメントをするとビットコインがもらえるキャンペーンや、月間「いいね」数ランキングに基づいた、追加インセンティブを配布するキャペーンを実施するとのことだ。

なお今回CoinPostに実装したこのプラグインは、どのWebサイトにも導入可能とのことだ。プラグインを導入すれば、ビットコインの報酬やトークンエコノミー設計が可能なコメントシステムをLinksログインを通して実現できるとのこと。

また今回のリリースでは、テスト期間中好評だった「Linkersチャット」に加え、新たに仮想通貨雑談「かそざつ(仮)」とニュース雑談「ニュースあんてな」のルームが追加されたとのこと。

インタビュー動画はこちら

あたらしい経済とコインポストがお送りするYouTube番組「CONNECT」にてLinks代表の各務貴仁氏と同社取締役COOのサニー・ワン氏にLinksの理念やマイクロペイメントで変わる世界について語ってもらっています。併せてご覧ください。

(images:iStocks/ru_・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored