東カリブ中央銀行が中銀デジタル通貨「DCash」を発行

東カリブ中央銀行が中銀デジタル通貨「DCash」を発行

 中南米セントクリストファー・ネイビス連邦の東カリブ中央銀行(ECCB)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)「DCash」の発行を正式にローンチした。「DCash」の発行は通貨同盟内で発行される世界初のリテール型のCBDCとなるとのことだ。

通貨同盟とは複数の国の間で単一の共通通貨を導入する制度だ。東カリブ海通貨連合(ECCU)では、アンティグア・バーブーダ、ドミニカ、グレナダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の6つの独立国とアンギラ、モントセラトのイギリス海外領土の2か所で構成されている。

今回ローンチされた「DCash」は現状ではアンティグア・バーブーダ、グレナダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシアの4か国のみで使用できるとのこと。

また「DCash」はECCBとバルバトスのフィンテック企業Bitt(ビット)社により発行されている。両者は2019年2月にCBDC発行に関する合意し開発と実証実験を行っていた。

両者は来年中には対象外地域に関しても「DCash」の対応を目指し、また現状対象国に対しても「DCash」を金融システムに統合することを計画しているとのことだ。

参考:ECCB

(images:iStocks/Ninja-Studio・RomoloTavani)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored