ブロックチェーン技術はソラミツ採用、福島県磐梯町でデジタル地域通貨発行へ

福島県磐梯町でデジタル地域通貨発行へ

Digital Platformer(DP)株式会社が福島県磐梯町(ばんだいまち)とともに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨「令和3年度 磐梯町デジタルプレミアム商品券」を磐梯町内にて発行することを3月31日発表した。

なお発行にあたりDPが開発したデジタル通貨発行サービス「LITAプラットフォーム」を採用するとのこと。このプラットフォームのブロックチェーン技術には、カンボジアの中央銀行デジタル通貨(CDBC)やブロックチェーンを利用した国内初デジタル地域通貨「白虎」で既に利用実績のあるソラミツ株式会社の「ハイパーレジャーいろは」を採用しているとのことだ。

DPと磐梯町はデジタル地域通貨の導入により行政コストの削減を目指すとともに、現金を使わずにスマートフォンなどを利用して支払いを完結できるキャッシュレス化の実現を目指すとのこと。また地域通貨の円滑かつ効率的な運用をすることで地域内での通貨流通を図り、地域経済をさらに活性化させるとのこと。

「令和3年度 磐梯町デジタルプレミアム商品券」の利用は7月15日から12月31日の期間にて磐梯町民を対象に磐梯町内の加盟店にて利用できるようになる予定とのことだ。

参考:福島県耶麻郡磐梯町

(images:iStocks/Igor-Korchak・Dmytro-Rohovyi

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない