資生堂ザ・ギンザがIoT連携ブロックチェーン導入ツール活用、トレードログが提供

資生堂ザ・ギンザがIoT連携ブロックチェーン導入ツール活用、トレードログが提供

ブロックチェーン関連企業のトレードログ株式会社が、株式会社資生堂の子会社である株式会社ザ・ギンザ運営のスキンケアブランド 「ザ・ギンザ(THE GINZA)」向けにIoT連携ブロックチェーン導入ツール「YUBIKIRI(ユビキリ)」の本番提供開始を3月31日に発表した。

「YUBIKIRI(ユビキリ)」は、サプライチェーンマネジメント(SCM)合理化・企業間データ連携・O2O(Offline to Online)マーケティングなどのためにIoT連携を行えるブロックチェーンツールとのこと。同ツールは製造・物流・社会インフラなどの領域への適用を想定しているという。このツールの利用によってSCMでの異なる法人の間での入出荷情報のリアルタイム共有、バックオフィスの確認作業の大幅な削減、不良ロットの迅速な洗い出しなどに活用できるとのことだ。

リリースによるとトレードログは「YUBIKIRI」導入により、クロスボーダーでのO2O(Offline to Online)施策と偽造品対策の推進支援、物流の合理化、ユーザーへの本物のブランド体験の提供支援をザ・ギンザへ行うとのことで、ザ・ギンザでは顧客のオフラインとオンラインの購入情報を統合することで、よりニーズに合ったパーソナルなサービスの提供を目指すとしている。

トレードログは今回の取り組みにおいて、「ラグジュアリー化粧品市場において、マーケティングとSCMを跨ぐブロックチェーン導入の本番提供事例としては世界初である点」「RFID/QRとブロックチェーンの併用により、物流合理化とO2Oマーケティングを一気通貫で実現している点」「Salesforce Commerce Cloudとの連動により店頭施策とEC施策とを融合させている点」が画期的であると説明している。

なお「YUBIKIRI」の基盤技術にはエンタープライズ向けブロックチェーンであるQuorum(クオーラム)と「Enterprise Ethereum」を採用したBaaS(Blockchain as a Service)であるKaleido(カレイド)がベースとなっているとのこと。今回ザ・ギンザには、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と「Kaleido」を活用した「YUBIKIRI for Microsoft Azure」を本番提供するとのことだ。

株式会社資生堂のザ・ギンザ グローバルブランド、グローバルブランドディレクターである黒田明日香氏はリリースにて『この度、パートナー企業としてトレードログさまとの新しい取り組みをさせていただいた理由は主に二つあります。高度なマーケティング施策実現のために秘匿性に強みを持つブロックチェーン基盤「Quorum」で開発できる技術力がある企業であるため、

また、実装に向けてのコンサルティングサービスを併せて提供しており、弊社にとって初めての試みを一緒に成し遂げられるパートナーであると考えたためです。トレードログさまとの取り組みを通して、お客さまにとって付加価値の高い体験を提供するためには、高い技術力を持つ企業とのパートナーシップ、そして有効的なコラボレーションが今後のビジネスの成功の鍵を握ることを再認識致しました(以下略)」とコメントしている。

(images:iStocks/comzeal

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携