米CMEが個人投資家向けにマイクロビットコイン先物を5月3日より提供

米CMEが個人投資家向けにマイクロビットコイン先物を5月3日より提供

デリバティブ取引所大手のCME(シカゴマーカンタイル取引所)が5月3日にビットコインの先物取引提供を開始することを発表した。なおこの新たな先物取引商品は個人投資家もターゲットにしているとのこと。

これは通称マイクロビットコイン先物と呼ばれ、1ビットコインの10分の1の大きさで契約した先物となる。目的はビットコインのエクスポージャーを費用対効果の高い方法で提供することのようだ。

CMEグループの株式指数・オルタナ投資商品担当グローバルヘッドのティム・マコート氏は「2017年のビットコイン先物取引の開始以来、当社の暗号デリバティブの流動性と市場参加者が、特に機関投資家の間で着実かつ継続的に増加しています。

マイクロビットコイン先物の導入は、幅広い顧客からのより小さなサイズの契約に対する需要に直接応えるものであり、参加者がCMEグループで透明かつ効率的な方法で規制されたビットコイン先物を取引する方法において、さらに多くの選択肢と精度を提供することになります」とコメントしている。

参考:THE BLOCK

(images:iStokcs/Kateryna-Bereziuk・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。