TendermintがCosmos関連プロジェクトへ投資を行うファンド立ち上げ

テンダーミントがコスモス関連プロジェクトへ投資を行うファンド立ち上げ

コスモス(Cosmos)ネットワークの開発を行う米ソフトウェア企業テンダーミント(Tendermint)が、コスモスエコシステムに関わるプロジェクトに対して投資を行う22億円(2,000万ドル)規模のファンド「テンダーミント・ベンチャーズ(Tendermint Ventures)」の立ち上げを3月29日に発表した。

テンダーミントによると、コスモスのネットワークアップグレード「スターゲート(Stargate)」の成功により、IBC(Inter-Blockchain Communication)と呼ばれる通信プロトコルが実装され、コスモスネットワークに存在する異なるブロックチェーン間でトークンの送信が可能になったため、このタイミングで今後のコスモスのさらなる発展を期待してファンドを立ち上げたとのこと。

なおテンダーミント・ベンチャーズはブロックチェーンの相互運用性を実現する技術を中心に投資を進めるとのことだ。具体的にはステーキングデリバティブおよび分散型デリバティブの開発、分散型レンディング、分散型ステーブルコイン、オラクル、分散型保険を重点分野として挙げている。

またテンダーミントはファンドの立ち上げと同時に、気候ソリューションの市場を構築するリージェン(Regen)、金融アプリケーションのテラ(Terra)、チェーン間の相互運用性を提供するアイリス(IRIS)、DeFiに焦点を当てたブロックチェーンフレームワークであるティーグレード(Tgrade)への投資を発表した。

参考:Tendermint

(images:iStocks/Abscent84・pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論