DeFiレンディング・プロトコルLiquityが約6億5,000万円調達

DeFiレンディング・プロトコルLiquityが約6億5,000万円調達

分散型レンディングプロトコルのリクイティ(Liquity)が、約6億5,000万円(600万ドル)のシリーズAラウンドの完了を発表した。

Pantera CapitalがシリーズAラウンドを率いた。そしてリクイティはNima Capital、Alameda Research、Greenfield.one社、IOSG、AngelDAO、Tomahawk.VC、1kx、Lemniscapらのファンド、Bo Shen、Meltem Demirors、David Hoffmann、Calvin Liu、George Lambethをはじめとするエンジェル投資家からも投資を受けた。

リクイティは暗号資産担保型ステーブルコインLUSDを設計しており、2021年4月5日にメインネットローンチが予定されている。暗号資産担保型ステーブルコインは、Maker DAOが発行するDAIなどが主流となっている。

リクイティは担保資産の資本効率を高めること、支払利息を減らすことに注視しているプロトコルだ。DAIはイーサ(ETH)などを担保に借入を行うが、Stability Feeと呼ばれる支払利息を払い続ける必要がある。一方でリクウィティは、ユーザーがLUSDを借りる時、償還するときのみに手数料が発生する仕組みとなっている。

今回の投資ラウンドにより、オンチェーンでの借り入れへのアクセスを改善し、金利をなくし、DeFiにおけるガバナンスを最小化するという、リクイティのミッションを継続して追求することができるようになったとのこと。今後チームを拡大し、リクイティのエコシステムを成長させる機会を追求していく予定とのことだ。

参考:The Block

images:iStocks/RamCreativ・BadBrother)

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored