【速報】「MCH+」参画4タイトルがPolygon対応、国内ブロックチェーンゲームで初のマルチチェーン事例

「MCH+」参画の4タイトルがPolygon対応に

double jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社が運営するブロックチェーンゲーム開発⽀援サービス「MCH+」の参画タイトルが、同サービスの展開する「Asset Mirroring System(AMS)」を通じてPolygon対応を⾏うことを3月23日発表した。

Polygon対応により「MCH+」の⽀援する各ゲームタイトルは、ユーザーがオフチェーンにあるNFTをイーサリアム上の他、Polygon上にも転送できるようになるとのこと。なおこのマルチチェーン対応は国内ブロックチェーンゲーム領域としては初の事例となるとのことだ。

Polygon(Matic)はMatic Network社が提供するスケーリングとインフラ開発のためのプラットフォームである。イーサリアムに⽐べて安価なトランザクション⼿数料であることから、高騰するトランザクション手数料(GAS代)の解決策として採用されるケースが多くなってきており、展開されているDAppsは90以上、過去のトランザクション数が約700万回、ユーザー数が約20万⼈と、現在レイヤー2ソリューションとして急速に普及している。

イーサリアム上のトランザクション手数料は2020年頃よりDeFiプロダクトの勃興により著しく上昇しており、各ブロックチェーンゲームの発⾏するNFTの流動性が低下しているとのことで、double jump.tokyoは今回のPolygon採用によるマルチチェーン対応により、オンチェーンにおける流動性が回復することを⾒込んでいるという。

なお今回Polygon対応を⾏う「MCH+」支援のブロックチェーンゲームタイトルとして「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「CryptoSpells」「CHOJO」の4タイトルが発表されている。

編集部のコメント

リリースによるとPolygon対応に利用した「Asset Mirroring System(AMS)」はマルチブロックチェーン対応を⽀援し、統⼀的なアセット情報取得と利⽤を実現するシステムであるとのことです。

AMSはトランザクション⼿数料やスケーラビリティの課題を抱えるブロックチェーンに対して、NFTを持つユーザー、事業者が⾃由に選択できるようにすることを⽬的としており、AMSが保有するNFT管理機能とマーケットのような外部サービスと接続することで、トランザクション⼿数料を抑えたNFTのコラボレーションが実現できるとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(imaes:iStocks/)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored