ビットコインの価値は無限大?米暗号資産取引所Kraken創業者がBloomberg TVで語る

ビットコインの価値は無限大?米暗号資産取引所Kraken創業者が語る

米暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)の共同創業者兼CEOのジェシー・パウエル(Jesse Powell)氏が、Bloomberg TVでホストとビットコインの価格とその可能性について3月3日に議論した。

司会者の「ビットコインの価格は今、5万ドルを超えています。どこまで価格は上昇すると考えますか?」という質問に対して、ジェシー・パウエル氏は「憶測でしかありませんが、ドルベースで考えるとビットコインの価値は無限大になると思わざるを得ません。

つまり、アメリカの通貨であるドルは、まだ50年しか経っていないのに、すでに弱体化の兆しを見せているのです。そしてすぐに人々はビットコインで物の価格を測り始めると思います。

ビットコインの真の信者は月や火星でも使われるようになり、いずれはビットコインが世界通貨になると言っていると思います。

これからビットコインの価格をドルで測るのではなく、それを使って他に何を買おうとしているのかという観点から見てみましょう」と答えた。

さらにジェシー・パウエル氏は「短期的にはビットコインは金を上回る価値を持つと見られているので、今後10年以内に100万ドルの価格目標は非常に合理的です。

ある程度は、アメリカがどのくらいのペースで貨幣を刷り続けているかにかかっています。ビットコインは、インフレの面でその多くを吸収しています。

年に0.001%のリターンがある普通預金口座の価値が、インフレを補えていない、あるいはそれに近いものではないことを知っているとき、人々はますます安全な資産としてビットコインに注目するようになってきていると思います。それはより多くの損失口座のように見えています」と述べている。

次に司会者は「Krakenが調達している資金から概算すると、Krakenの評価額は100億ドルなると報告されています。そしてさらに需要が高まれば倍になる可能性もあります。それはKrakenの株式公開への一歩となるでしょうか?」と質問をした。

その質問に対して ジェシー・パウエル氏は「私たちは確かに株式公開に向けて軌道に乗っています。

資金調達や会社の株を購入する人たちからの関心が多く寄せられています。個人的には100億ドルは低い評価額だと思います。その価格で株を売ることには興味がありません。

実際に多くの利害関係者と話をしています。最終的にはプライマリーファイナンスを行うかもしれません。また現在は会社はキャッシュフローがプラスです。

そして当社のB/Sは非常に強固なものです。買収のペースを加速させる以外に、新たに資本を調達する理由はありません」と答えた。

参考:Kraken

(images:istocks/Serhii-Yakovliev)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。