ボルボの親会社である中国ジーリーがブロックチェーン関連のジョイントベンチャー設立か

中国ジーリーがブロックチェーン関連のジョイントベンチャー設立か

ボルボの親会社である中国ジーリーホールディンググループ(Geely Group Holding:Geely)とコンコーディウム財団(Concordium Foundation)がブロックチェーン技術を活用するジョイントベンチャーを設立する契約を締結したことを2月19日に発表した。このジョイントベンチャーは規制当局の承認を得た上で、2021年中に稼働する予定とのことだ。また出資割合は、ジーリーが80%、コンコーディウム財団が20%。

コンコーディウム財団はスイスの非営利財団。コンコーディウムはパーミッションレスなパブリック・ブロックチェーンを開発していて、ゼロ知識証明を用いたデータの送受信などを特徴としている。

リリースでは「このジョイントベンチャーにより、ジーリーとコンコーディウムは、自動車分野を含むすべての業界に向けて、ブロックチェーンプラットフォームをベースとした新しいビジネスモデルやユーザーDAppsへのアクセスを企業や顧客に提供することが可能になります。

このジョイントベンチャーは、コンコーディウムの強力な暗号化、安全性、パーミッションレスなブロックチェーンとプロトコルレベルでのIDを備え、中国市場でのジーリーの技術的リーダーシップと実装力を活用した新時代のコラボレーションの幕開けとなります」と記載されている。

具体的にはデジタルアイデンティティ、規制技術、プライバシー強化技術など、関連する最先端技術を中心に、様々な業界におけるビジネスユースケースやソリューションの構築を支援していくようだ。

ジーリーホールディンググループのCEOを務めるダニエル・ドンホイ・リー氏は「コンコーディウムとジーリーの今回の提携は、双方にとって大きな意義があります。コンコーディウムとジーリーは、アライアンスを構築し、グローバルなリソースを相乗的に活用することで、変革的な技術を積極的に追求し、エンドユーザーの皆様により大きな価値を創造していきたいと考えています。

コンコーディウムのワールドクラスのブロックチェーン技術を活用することで、ブロックチェーンアプリケーションの基盤となるインフラが業界標準になるでしょう。中国で力を合わせることで、この技術をさらに応用・発展させ、ブロックチェーン業界をリードするエコロジーを構築するための道筋を模索し、信頼のコストを削減し、企業がブロックチェーンベースのアプリケーションを共同で開発し、価値のインターネットで成長するために必要なツールを備えたプラットフォームへのアクセスを提供していきます」とコメントしている。

コンコーディウム財団の会長であるラース・セイアー・クリステンセン氏は「コンコーディウムは、このジョイントベンチャーにより、中国のクライアントに世界有数のブロックチェーン技術を提供できるようになり、また、中国の主要企業の中でも特に動きの速い技術を持つ企業とのシナジー効果を得ることができ、コンコーディウムの将来の発展に貢献できると期待しています。

また企業にとって、ブロックチェーンはまだ新しい技術であり、ビジネスアプリケーションに使用する準備ができています。

私たちは、この可能性を実現することを嬉しく思います。私たちは、ブロックチェーンを学び、構築し、検証し、利用したいという新しい参加者を歓迎しています。そして、それはCTOだけが理解できるものではなく、戦略的ビジネス開発者、CFO、そして少なくともCEOのためのものでもあります」とコメントしている。

(images:iStocks/artsstock・pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored