ボルボの親会社である中国ジーリーがブロックチェーン関連のジョイントベンチャー設立か

中国ジーリーがブロックチェーン関連のジョイントベンチャー設立か

ボルボの親会社である中国ジーリーホールディンググループ(Geely Group Holding:Geely)とコンコーディウム財団(Concordium Foundation)がブロックチェーン技術を活用するジョイントベンチャーを設立する契約を締結したことを2月19日に発表した。このジョイントベンチャーは規制当局の承認を得た上で、2021年中に稼働する予定とのことだ。また出資割合は、ジーリーが80%、コンコーディウム財団が20%。

コンコーディウム財団はスイスの非営利財団。コンコーディウムはパーミッションレスなパブリック・ブロックチェーンを開発していて、ゼロ知識証明を用いたデータの送受信などを特徴としている。

リリースでは「このジョイントベンチャーにより、ジーリーとコンコーディウムは、自動車分野を含むすべての業界に向けて、ブロックチェーンプラットフォームをベースとした新しいビジネスモデルやユーザーDAppsへのアクセスを企業や顧客に提供することが可能になります。

このジョイントベンチャーは、コンコーディウムの強力な暗号化、安全性、パーミッションレスなブロックチェーンとプロトコルレベルでのIDを備え、中国市場でのジーリーの技術的リーダーシップと実装力を活用した新時代のコラボレーションの幕開けとなります」と記載されている。

具体的にはデジタルアイデンティティ、規制技術、プライバシー強化技術など、関連する最先端技術を中心に、様々な業界におけるビジネスユースケースやソリューションの構築を支援していくようだ。

ジーリーホールディンググループのCEOを務めるダニエル・ドンホイ・リー氏は「コンコーディウムとジーリーの今回の提携は、双方にとって大きな意義があります。コンコーディウムとジーリーは、アライアンスを構築し、グローバルなリソースを相乗的に活用することで、変革的な技術を積極的に追求し、エンドユーザーの皆様により大きな価値を創造していきたいと考えています。

コンコーディウムのワールドクラスのブロックチェーン技術を活用することで、ブロックチェーンアプリケーションの基盤となるインフラが業界標準になるでしょう。中国で力を合わせることで、この技術をさらに応用・発展させ、ブロックチェーン業界をリードするエコロジーを構築するための道筋を模索し、信頼のコストを削減し、企業がブロックチェーンベースのアプリケーションを共同で開発し、価値のインターネットで成長するために必要なツールを備えたプラットフォームへのアクセスを提供していきます」とコメントしている。

コンコーディウム財団の会長であるラース・セイアー・クリステンセン氏は「コンコーディウムは、このジョイントベンチャーにより、中国のクライアントに世界有数のブロックチェーン技術を提供できるようになり、また、中国の主要企業の中でも特に動きの速い技術を持つ企業とのシナジー効果を得ることができ、コンコーディウムの将来の発展に貢献できると期待しています。

また企業にとって、ブロックチェーンはまだ新しい技術であり、ビジネスアプリケーションに使用する準備ができています。

私たちは、この可能性を実現することを嬉しく思います。私たちは、ブロックチェーンを学び、構築し、検証し、利用したいという新しい参加者を歓迎しています。そして、それはCTOだけが理解できるものではなく、戦略的ビジネス開発者、CFO、そして少なくともCEOのためのものでもあります」とコメントしている。

(images:iStocks/artsstock・pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米スクエアがデジタル銀行子会社の営業開始、女性経営者企業などにさらなる金融機会を

米決済企業大手スクエア(Square)のデジタル銀行子会社のスクエア・ファイナンシャル・サービス(Square Financial Services)が、米連邦預金保険公社(FDIC)およびユタ州金融機関局との承認手続きを完了し、3月1日より正式に営業を開始したことを発表した。

ハッシュポートが東京大学エッジキャピタルパートナーズとセレスより3.5億円の資金調達

ブロックチェーン分野のコンサルティングを提供する株式会社HashPort(ハッシュポート)が、株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)の運営するUTEC4号投資事業有限責任組合、及び株式会社セレスを引受先とし、総額約3.5億円の資金調達を実施したことを3月2日発表した。

スマートアプリが国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスリリースへ

デジタルトークン(NFT:ノンファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリが、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスを3月15日より開始することを3月2日発表した。

ゴールドマンサックス、ビットコイン先物取引などをアメリカで再開か

ゴールドマン・サックス・グループが暗号資産(仮想通貨)の取引デスクを再開し、来週から顧客向けのビットコイン先物取引とノンデリバラブル・フォワードの取引を開始するとロイター通信が報じた。この件に詳しい関係者がロイター通信に語ったことで明らかになった。

【取材】プラズムネットワーク(Plasm Network)のステイクが暗号資産取引所「OKEx」から資⾦調達(ステイクテクノロジーズ CEO 渡辺創太氏)

⽇本発のパブリックブロックチェーンである「Plasm Network(プラズムネットワーク)」の開発をリードするStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)が世界的な暗号資産取引所である「OKEx」が組成した約100億円ファンドである「Block Dream Fund」から資⾦調達を実施したことを発表

集英社『ONE PIECE』などマンガ原画がBC基盤活用し販売開始、HSBCがGoogle Cloud上でCordaを利用可能になどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

【取材】集英社が『ONE PIECE』などのマンガ原画をブロックチェーン基盤「Startbahn Cert.」を活用し販売開始(スタートバーン代表取締役 施井泰平氏)、英HSBCがGoogle Cloud上でCordaを利用可能に、ジャックドーシーやウィンクルボス兄弟が資金提供、MITメディアラボがビットコインのセキュリティに関する取り組み開始、プラズムネットワーク(Plasm Network)がUCバークレーのブロックチェーンアクセラレーションプログラム公式スポンサーに就任、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が郵便管理クラウド「atena」と協業開始を発表、スターターパッケージも発表、【取材】LayerXが元DMM CTO松本勇気氏を代表取締役CTOに選任(取締役 榎本悠介氏、代表取締役CTO松本勇気氏)