中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か

中国の国家情報センターが主導するBlockchain Service Network(BSN)が2021年の開発ロードマップを1月16日に発表した。BSNは「1.ユニバーサルデジタル決済ネットワーク(Universal Digital Payment Network:UDPN)の構築、2.BSN Networkの拡大を継続、3. Private BSNとエンパワメントプラットフォームの推進、4.BSN Ecosystemの繁栄」の4つを掲げている。

BSNは複数の国際的な銀行やテクノロジー企業と協力して、各国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)をベースに、5年後までにユニバーサル・デジタル・ペイメント・ネットワーク(UDPN)を構築する予定だ。実際にUDPNを利用すると、銀行、保険、ERP、モバイル・アプリケーションなどのあらゆる情報システムがAPIを介して、UDPNのサービスを呼び出すことができ、標準化されたデジタル通貨の送金方法や支払い手続きを実現することができるようになるとのこと。

BSNはより多くのパブリック・シティ・ノード(PCN)を作成し、より多くのフレームワークを統合し、世界中で次々にBSN Portalを構築することにでネットワークを拡大していく予定とのこと。

リリースによれば、中国国内のPCNは150ノードを予定していて、海外のPCNは約50に達して、先進国や比較的に経済成長率の高い発展途上国をカバーする予定とのこと。 またBSNは世界の主流なパーミッションドなフレームワークの統合を完了し、グローバルで30のパブリック・チェーン・フレームワークの統合を完了する予定とのこと。同時にBSNは少なくとも3つの新しいクロスチェーン・プロトコルが発表するようだ。

BSNは中国のデジタル経済と社会統治の中核となる「新しいインフラ」となるために、2021年にBSNのプライベートネットワークとパブリックネットワークを統合して、さらに多言語対応をして、グローバル展開していく予定だ。

BSNは国内のクラウドサービス事業者、フレームワーク事業者、ポータル事業者との連携を強化し、中小企業や個人開発者にとってBSNのサービスをより費用対効果が高く、相互運用性の高いものにするために、新たな地域パートナーを見つけ、BSN Ecosystemを拡大していく狙いがあるとのこと。

編集部のコメント

BSNには中国版とグローバル版が存在しています。中国版はエンタープライズブロックチェーンのみをサポートしていて、現在ハイパーレジャーファブリック(Hyperledger Fabric)と中国のコンソーシアムチェーンであるフィスコブロックチェーンコンソーシアム(FISCO BCOS)が統合されています。

一方グローバル版はイーサリアム(Ethereum)、イオス(EOS)、テゾス(Tezos)、ナーヴォス(Nervos)、ネオ(NEO)、アイアールアイエスネット(IRISnet)を含む多数のパブリックブロックチェーンと統合されています。

ちなみにFISCO BCOSにはテンセントクラウド(Tencent Cloud)、アーンスト・アンド・ヤング(EY)、ITサービス・プロバイダーのフォームス・シントロン(Forms Syntron)、インターネットサービス・プロバイダーのアン(Anne)などが参画しています。

BSNは2020年4月25日にローンチされていて、着実にグローバル統合が進んでいます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStocks/NatanaelGinting)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored