米議事堂襲撃事件、過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か(ブロックチェーン分析企業チェイナリシスのレポート)

米議事堂襲撃事件、過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か

米ブロックチェーン分析企業チェイナリシス(Chainalysis)が、2020年12月8に米過激派団体らに合計28.15BTCのビットコインでの寄付金が送られていたことを1月15日に発表した。先週、米国で発生した議事堂への襲撃に直接関与しているかは定かではないが、チェイナリシスは関与可能性を示している。

チェイナリシスのレポートでは「議事堂への襲撃がどの程度事前に計画されていたのかは不明です。ProPublicaの報告によると、数週間前には多くのトランプ支持者がソーシャルネットワークサービスのパーラー(Parler)でイベントを暴力的にすることを議論していたとのことです。しかし現在では、極右政治評論家のニック・フエンテス(Nick Fuentes)を含む多くの高度右派グループや著名人が12月8日の暴動の1ヶ月前に発生した1回の取引で多額のビットコイン寄付を受けていたという証拠を入手しています。またその寄付者がフランスのプログラマーであることを強く示唆する証拠もあります」と記載されている。

またこの寄付者と推定されるフランスのプログラマーは、フランスの暗号資産取引所を経由して寄付用のウォレットに資金を移動させたとのこと。また彼は自らのビットコインアドレスを「pankkake」と呼称しているとのこと。

チェイナリシスはレポートで右派への寄付プロセスの詳細を示している。まず2020年12月8日、ある寄付者が28.15BTC(送金時の価値は約52万2,000ドル)を1回の取引で22の別々のアドレスに送金。これらのアドレスの多くは、極右活動家やインターネット上の著名人に属しているとのことだ。

ビットコインの最大寄付受益者はアメリカの極右政治評論家およびポッドキャスターであるニック・フエンテス( Nick Fuentes)であるとのことだ。フエンテス氏は13.5BTC(取引時レート/約25万ドル)を受け取ったとのこと。その他にも移民排斥団体のブイレード(VDARE)、高右翼団体のイーサン・ラルフ( Ethan Ralph)、そしてまだ所有者が明らかになっていないいくつかのアドレスなど、多額の資金を受け取った人がいるとのことだ。

チェイナリシスはレポートの結論として「これらの寄付が先週の議事堂での暴力的な集会や関連する活動に直接資金を提供したかどうかは分かりませんが、 タイミングは確かに疑惑を煽るものです。バイデン政権が国内の過激主義と戦うためにギアアップしているように、

これらの寄付は、米国内で活動しているものを含め、テロリストとして指定されたすべてのグループや個人の暗号資産の活動を追跡する必要性を思い出させてくれます。主流の決済プラットフォームが過激派のグループや人物を排除していく中で、寄付の仕組みとして暗号資産を採用していくのをみることができるかもしれません。

幸運なことに、暗号資産はブロックチェーン固有の透明性担保のおかげで、法執行機関はリアルタイムでこれらの取引を追跡し、暗号資産関連事業者と協力して、彼らの活動に資金を提供し、暴力行為を行うために使用する可能性のある暴力的なグループに資金が到達するのを防ぐことができます」と記載している。

編集部のコメント

チェイナリシスのレポートではフランスの寄付者が寄付を行う動機について書いたブログポストを掲載しています。

パブリック・ブロックチェーンは金融取引の透明性を担保してくれることは、間違い無いですが、どこまで公開し、秘匿化するべきかは、今後大きな議論を生んでいくと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStocks/stockdevil・denis_pc・DanielVilleneuve)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ

フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す

電力システムに関するブロックチェーンアライアンスであるエナジー・ウェブ(Energy Web)が、フォルクスワーゲンの研究開発部門であるフォルクスワーゲン・グループ・イノベーションと共同で電気市場へのブロックチェーンの活用可能性を調査することを3月4日に発表した

【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロバスケットボールチーム「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」のプロバスケットボールクラブトークンの発行を3月5日発表した。なおプロバスケットボール(Bリーグ)におけるクラブトークンの発行は今回が国内初の事例となる

「日立製作所が電子署名サービス開発、Kings Of LeonがニューアルバムをNFTでリリースなど」のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ハンコレスを推進へ、日立製作所がブロックチェーン基盤「日立電子署名サービス」を開発、ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す、米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース、NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表、リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ、米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施、KPMGとIntellectEUが保険の重複支払い防止のブロックチェーンプラットフォーム「ClaimShare」ローンチ、GMOコインが暗号資産(仮想通貨)エンジンコイン(ENJ)を取り扱い開始、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコースが開始