ルクセンブルクの金融システムプロバイダーHQLAᵡがゴールドマンサックスやドイツ証券取引所らからシリーズBで約18億2,000万円の資金調達

ルクセンブルクの金融システムプロバイダーHQLAᵡがゴールドマンサックスやドイツ証券取引所らからシリーズBで約18億2,000万円の資金調達

ルクセンブルクの金融システムプロバイダーHQLAᵡ(エイチ・キュー・エル・エー・エックス)は、BNYメロン、ゴールドマン・サックス、BNPパリバ・セキュリティーズ・サービス、シティグループ、および既存株主であるドイツ証券取引所から約18億2,000万円(1440万ユーロ)のシリーズB資金調達を行ったことを1月11日に発表した。

調達した資金は、HQLAᵡの証券化プラットフォームである「担保証券取引プラットフォーム」開発の加速化のために使用される予定だ。

HQLAᵡは分散型台帳基盤のコルダ(Corda)を活用し、市場参加者は異なる担保プール間でシームレスに、正確なタイミングで有価証券の所有権を移転することができる設計となっている。これにより市場参加者は、流動性管理と担保管理活動を最適化することができ、業務効率の向上と資本コストの削減が可能になっている。

リリースによると、BNYメロン、BNPパリバ・セキュリティーズ・サービス、シティグループ、ゴールドマン・サックスは、証券金融エコシステム全体で顧客の担保移動を加速させるために、2021年内に担保証券取引プラットフォームに接続する予定とのこと。BNYメロンが、トリパーティエージェントとエージェントレンダーの両方の役割を担い、ゴールドマン・サックスがプリンシパル、BNPパリバ・セキュリティーズ・サービスがトリパーティエージェント、シティバンクがカストディアンとして役割を果たす。

BNYメロンのクリアランス&コラテラルマネジメントおよびクレジットサービス部門の最高経営責任者であるブライアン・ルアン(Brian Ruane)氏は「BNYメロンは、業界全体の企業と提携し、お客様により多くの価値を提供することに尽力しています。今回のHQLAᵡの投資と導入は、真のグローバル化された担保システムを構築するという当社の長年の目標を加速させている最新の例です。BNYメロンとHQLAᵡの独自の分散型台帳技術を通じたHQLAᵡの直接接続は、信頼できるインフラと相まって、お客様の流動性管理と担保の効率性を向上させることが可能になります」とコメントしている。

ゴールドマン・サックスのデジタル資産担当グローバルヘッドであるマシュー・マクダーモット(Mathew McDermott)氏は「HQLAᵡのプラットフォームは、証券貸借市場と担保管理市場に有意義な効率性をもたらすでしょう。HQLAの分散型台帳技術の革新的な利用は、金融システムの変革において変革的な技術が果たす重要な役割を示す好例です」とコメントしている。

BNPパリバ・セキュリティーズ・サービスの投資・担保サービス部門グローバルヘッドであるエレーヌ・ヴィレロ(Hélène Virello)氏は「HQLAᵡに投資することを決定したのは、今日のオーダーメイドの担保環境に俊敏性を高めるという共通の目的に基づいています。この投資は担保の機動性を向上させ、お客様の資産の資金調達をサポートし、業務効率を向上させるという当社のコミットメントを示すものです」とコメントしている。

シティ・マーケッツ&セキュリティーズ・サービスの金融市場インフラストラクチャの責任者であり、ブロックチェーン&デジタルアセットのリードを務めるプニート・シングヴィ(Puneet Singhvi)氏は「HQLAの担保物のデジタル化に対するアプローチは革新的であり、市場をリードしています。これにより、DLTの利用による運用コストの削減と、シティのグローバルなフットプリント全体で担保プールを管理できるという利点を組み合わせることで、運用コストの削減を促進することができます。この投資への参加は、デジタル化と分散型台帳によるイノベーションの実現に向けたシティの取り組みを強調するものであり、シティのグローバル・マーケット・フランチャイズの価値を拡大するものです」とコメントしている。

ドイツ証券取引所の執行役員でクリアストリーム会長のステファン・ライトナー(Stephan Leithner)氏は「3年前からHQLAと協力してきましたが、このネットワークが発展し、業界の主要なプレーヤーが株主や顧客として参加していることを大変嬉しく思います。革新的で将来性のある市場インフラを共同で構築することは、ドイツ取引所とクリアストリームの成長戦略に不可欠な要素であり、柔軟で効率的な金融市場の鍵を握っています。ドイツ証券取引所とHQLAは、金融機関が担保を動員し、資金調達のニーズを最適化できるようにするという同じ目標を持っています。このイニシアチブは、規制された安全な環境で担保のデジタル化を実現するために、DLTがすでに効果的に活用されていることを示しています」とコメントしている。

HQLAᵡの会長兼CEOであるグイド・ストローマー(Guido Stroemer氏)は「HQLAᵡはR3ラボラトリーでコンセプトとしてスタートしてから、ドイツ証券取引所と提携し、早期採用企業であるコメルツバンク、クレディ・スイス、UBSと提携して生産を開始するまでに、長い道のりを歩んできました。BNPパリバ・セキュリティーズ・サービス、BNYメロン、シティグループ、ゴールドマン・サックスとの戦略的投資ラウンドを完了したことは、市場での採用に向けたもう一つの大きな一歩です」とコメントしている。

(images:iStock/BadBrother・jauhari1)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる