アニモカブランズ(Animoca Brands)がマンチェスター・シティFCとメルボルン・シティFCのブロックチェーンゲームやデジタルグッズを開発へ

アニモカブランズ(Animoca Brands)がマンチェスター・シティFCとメルボルン・シティFCのブロックチェーンゲームやデジタルグッズを開発へ

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アニモカブランズ(Animoca Brands)が英シティ・フットボール・グループ (City Football Group)とパートナーシップ契約を締結したことを12月21日発表した。

これによりアニモカブランズはシティ・フットボール・グループが保有するクラブサッカーチームである英マンチェスター・シティFCの男女チーム及び豪メルボルン・シティFCにおいて、同チームを基にデジタル資産やゲームの開発ができるようになった。

アニモカブランズは対象3チームのミニゲームを子会社GAMEEのプラットフォームにてリリースを予定しており、また対象3チームのデジタルグッズについては同じく子会社のQuiddのプラットフォームにて販売をする予定とのことだ。

編集部のコメント

アニモカブランズはスクウェア・エニックスも出資するブロックチェーンを活用したゲームプラットフォーム「The Sandbox」やF1®の正式ライセンスを受けたブロックチェーンゲーム「F1® Delta Time」を開発する企業です。

今年9月2日にアニモカブランズは同社が開発する「F1® Delta Time」をはじめとしたモータースポーツゲームのユーティリティートークン「REVV」を発表しています。

また9月16日に日本の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するコインチェック株式会社とアニモカブランズの「The Sandbox」が同ゲーム内で利用可能なNFT(ノンファンジブルトークン)の取扱いを目指して提携を発表しており、先日12月18日にコインチェックとアニモカブランズは「F1® Delta Time」において利用可能なNFTの取り扱いを目指して連携を発表しています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/LeoTroyanski)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと