ドイツ政府がデジタル証券を合法化

ドイツ政府がデジタル証券を合法化

ドイツ政府がより広範囲なブロックチェーン戦略の一環として、デジタル証券を導入するための新しい法案を可決したとロイター通信が12月16日に報道した。

可決した法律の内容を簡潔に示すと、証券の発行者や保有者に紙の証明書を使った文書取引を強要していたルールを緩和する法律のようだ。具体的にはこれまでの法律では、証券発行者と保有者に紙の証明書で取引を文書化することが義務付けてられていたのに対して、新しい法律では紙ベースの証明書のかわりに、中央証券保管機関や民間銀行が維持する登録簿を取引の記録の証明として使えるようになる。さらにブロックチェーン技術によって証券を管理することも可能となった。

オラフ・ショルツ(Olaf Scholz)財務相は「紙の証券の証明書はノスタルジックな理由から一部の人にとっては大切なものであり続けるかもしれませんが、将来的にデジタル化が進んでいくでしょう。そしてデジタル証券はコストと証券管理業務の負担を軽減するでしょう」とロイター通信に語った。

クリスティン・ラムブレヒト(Christine Lambrecht )法務大臣は「この法律は法的な対応領域を明らかにして、ブロックチェーン技術の有用性を高めるものだ」とロイター通信に伝えた。

編集部のコメント

ロイター通信によると、ドイツ政府はブロックチェーン技術を「ブロックチェーン技術は、取引に関するすべてのデータが暗号化された形で保存されているデジタル台帳の一種です。これは、高度な透明性を提供するすべてのユーザーに開かれています」と説明しているようです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/pgraphis・stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored