米生命保険会社マスミューチュアルが約100億円(1億ドル)相当のビットコイン購入

米生命保険会社マスミューチュアルが約100億円(1億ドル)相当のビットコイン購入

1851年設立の米生命保険会社マスミューチュアル(MassMutual)が約100億円(1億ドル)相当のビットコインをビットコイン機関投資家向けソリューションを提供するNYDIGと協力して購入したことが12月11日に明らかになった。マスミューチュアルが購入したビットコインはNYDIGの監査済み、保険付きのカストディ・プラットフォーム上で保管されているようだ。ちなみにNYDIGは現在、約2,390億円(23億ドル)以上のデジタル資産を保管しているようだ。

またマスミューチュアルはNYDIGの株を約5億1,950万円(500万ドル)で取得したことも明らかになった。

NYDIGの共同創業者兼CEOであるロバート・グットマン(Robert Gutmann)は「マスミューチュアルの戦略的株式投資は、機関投資家、銀行、個人顧客にビットコインソリューションを提供するリーディングプロバイダーとしてのNYDIGの役割を強調しています。また当社のホワイトラベル・ビジネス・セグメントを加速させ、急速に拡大する大規模金融機関のグループに当社のコアとなるカストディ、執行、融資、AML/KYC機能の特注実装を提供しています」と述べている。

さらにロバート・グットマンはマスミューチュアルによるビットコインの購入について「ビットコインと保険業界の歴史の中で、この信じられないような瞬間を誇りに思います。これは保険会社の一般投資口座へのビットコインの拡大と、最も要求の厳しい機関投資家の複雑なニーズに対応するNYDIGの独自の能力を反映しています」とコメントしている。

マスミューチュアルの最高投資責任者であるティム・コーベット(Tim Corbett)氏は「NYDIGの株式を保有し、一般投資口座にビットコインのポジションを持つことは、契約者に長期的な価値を提供するのに役立つと考えています。私たちは革新と多様化に注力している我々の継続的な取り組みと一致して、NYDIGとのさらなる協力方法をさらに模索していくことを楽しみにしています」と述べている。

NYDIGの親会社であるストーンリッジ・ホールディングス・グループの創設者兼エグゼクティブ・チェアマンであるロス・スティーブンス(Ross Stevens)氏は「マスミューチュアルはストーンリッジの広範な投資プラットフォームで協力してきた驚異的な会社です。彼らのイノベーションの実績を考えると、マスミューチュアルが保険契約者のためにビットコインの通貨リスクプレミアムの長期的な価値を認識し、行動することで、再び業界をリードしていることは、私にとって驚くべきことではありません」とコメントしている。

さらにロス・スティーブンスは「ストーンリッジでは2012年から、NYDIGでは2017年から、世界を水没させる初期の宿命にあたるノーイールドの状態に備えて、私たちは静かにビジネスポートフォリオを構築してきました。私たちはビットコインが無相関のリスクプレミアムを持つ漸近的に印刷不可能な健全な貨幣であると捉え、それは私たちの実践の礎となっています。NYDIGがビットコインの次のステップをサポートするために、私はマスミューチュアルl以上の企業と一緒に仕事をすることを夢にも思っていませんでした。保険契約者とその家族に安全性、セキュリティ、責任あるイノベーションを提供することへの永続的な焦点は、ストーンリッジとNYDIG のすべてのスタッフに長い間インスピレーションを与えてきましたが、今ではより広範なビットコインコミュニティにインスピレーションを与えてくれると信じています」と述べている。

(images:iStock/Vit_Mar)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored