タイ証券取引委員会が自己資本規制を改正

タイ証券取引委員会が自己資本規制を改正

タイの証券取引委員会がデジタル資産に関する自己資本規制(Net Capital Regulations)を改正したと11月18日にbankog postが報じた

自己資本規制改正の目的は、証券会社やデリバティブ・ブローカーの流動性管理を強化し、タイの取引所の取引の急増をサポートするためのようだ。

タイ証券取引所(SET)とタイ先物取引所(TFEX)の取引はここ数週間で取引が急増していて、特に米国の選挙後、タイ証券取引所の取引額は1日で約5,680億円(1660億バーツ)に達し、タイ先物取引所の先物取引は1日あたり100万単位に増加している。これは通常の取引量から3倍近くに取引が増加している状態のようだ。

改正された自己資本規制はデジタルバンクや暗号資産(仮想通貨)取引所などの新規事業への参入を予定している証券会社の流動性の自由化につながると期待されているようだ。現在タイでは一部の証券会社が証券取引委員会へ暗号資産取引所事業への参入を相談しているとのこと。

改正された自己資本規制は、有価証券や先物取引が短期間に急激に増加した場合の自己資本の維持に代わる劣後ローンの利用を増やすことや、現預金債権のリスク価値を証券保証事業の引受リスクや債券投資のリスクに合わせて調整することなどが盛り込まれている。また証券会社がデジタルアセット事業を営み、顧客のためにデジタルアセットを保管している場合、自己資本規制では、コールドウォレットの資本金の1%以上(オフラインシステム)と、別のシステム(ホットウォレットまたはオンラインシステム)に保管されている顧客の資産の5%以上を保有することが義務付けられているようだ。

編集部のコメント

自己資本規制とは金融商品取引業者に対して一定以上の資本を持つように定められた規制のことをいいます。自己資本規制は証券会社の自己資本があらかじめ定められた水準を下回った時に業務停止などの措置を採ることによって破綻が他の金融機関に波及することを防ぐとともに、それによって顧客資産を保護することを意図していると日本証券経済研究所の「ネットキャピタル・ルールについて」のレポートに記載されています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Алексей-Белозерский・LuckyStep48・Kateryna-Novokhatnia)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOを務めるラリー・フィンク(Larry Fink)氏が「ビットコインは多くの人々の注目と想像力を集めていて、資産クラスとして成長する態勢が整っている」とNPO法人が主催する「対外関係審議会」 で述べたことをDecrtptoが12月2日に報じた。