米オールバニ空港がGEと提携し清掃や消毒状況などを管理するブロックチェーンアプリを試験導入

米オールバニ空港がGEと提携し清掃や消毒状況などを管理するブロックチェーンアプリを試験導入

米ニューヨークのオールバニ国際空港がGE(ゼネラル・エレクトリック)傘下の航空機メーカーであるGEアビエーション(GE Aviation)と提携してブロックチェーンを利用したウェルネストレースアプリ(Welness Trace App)を試験導入したことを11月12日に発表した。

オールバニ国際空港はこのウェルネストレースアプリを導入することで、旅行者が空港の清潔さを確認できるようにし、新型コロナウイルスによる感染症流行後の安全安心な旅行手段の提供を目指すとのこと。

今回試験導入したウェルネストレースアプリは、今年6月にGEアビエーションが食料品追跡ブロックチェーンを提供するTEフード(TE FOOD)と製品や環境の分析・検査を行うユーロフィン(Eurofins)と3社共同で開発したアプリである。このアプリはマイクロソフト(Microsoft)のAzureブロックチェーンサービスをベースとしたブロックチェーンによって管理されており、空港内や航空機内の清掃状況を追跡するためのプロトコルを設定して定期的に空港内の各所の消毒を行うための包括的なプラットフォームを提供するとのこと。

オールバニ国際空港はウェルネストレースアプリを利用することで、各所の清掃状況や従業員の健康度合いをリアルタイムに確認ができる。一方で旅行者はこのアプリを利用して空港内の各所に設置されたQRコードを読み取ることにより、その場所が最後に清掃された時間を確認ができるほか、アプリを利用して空港周辺エリアのより清潔なホテルや飲食店を探すことができるとのこと。

オールバニ郡空港局のCEOであるフィリップ・カルデロン(Philip Calderone)氏は「GEの最先端のウェルネストレースアプリの使用は、パンデミック後の世界でより安全な旅行を実現するための新しいデジタルソリューションを統合する我々の共同の取り組みの主要な第一歩です」と述べている。

リリースによるとオールバニ国際空港はトライアルとして3か月間このウェルネストレースアプリを利用し、その後利用拡大のための改善点について検討を行うとのこと。またGEアビエーションは今後数週間のうちに人工知能や機械学習やその他のデジタルテクノロジーを空港に導入する予定とのことだ。

(images:iStock/XiXinXing・Rawpixel)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ