バイナンス(Binance)がイーサリアム(Ethereum)のマイニングプールを開始

バイナンス(Binance)がイーサリアム(Ethereum)のマイニングプールを開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が同社運営のマイニングプールサービス「バイナンスプール(Binance Pool)」においてイーサリアム(Ethereum:ETH)を対象としたサービスを開始したことを11月12日発表した。

「バイナンスプール(Binance Pool)」は今年4月にビットコイン(Bitcoin:BTC)によるマイニングプールサービスとして提供開始されていた。

今回開始したイーサリアムのマイニングプール参加には0.5%の手数料がかかるが、12月12日まではこの手数料は無料となるようだ。

またイーサリアムのマイニングプールサービスでは、ビットコインのマイニングプールサービスと同様にFPPS(Full Pay Per Share)マイニング方式を利用しており、PPS(Pay Per Share)方式のようなブロック生成報酬だけでなく、トランザクション手数料もサービス参加者へ分配をされるとのことだ。

編集部のコメント

マイニングプールの報酬の計算方法として代表的なものとしてFPPSの他にPPS(Pay Per Share)やPPLNS(Pay Per Last N Shares)があります。

バイナンスアカデミーによると、PPSでは送信されたシェアごとに固定金額を受け取ることができるとのことです(シェアとは、各マイナーの仕事を追跡するために使用されるハッシュのこと)。

PPSではプールがブロックを発見したか否かにかかわらず、ユーザーは報酬を受け取れます。プール運営者はリスクを引き受けるため、ユーザーからの前払いまたは最終的なブロック報酬のいずれかで手数料を請求するとのことです。

またPPLNSはPPSとは異なり、プールがブロックをマイニングした場合にのみマイナーに報酬を与える計算方法です。

バイナンスアカデミーの解説はこちら

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored