バイナンス(Binance)がイーサリアム(Ethereum)のマイニングプールを開始

バイナンス(Binance)がイーサリアム(Ethereum)のマイニングプールを開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が同社運営のマイニングプールサービス「バイナンスプール(Binance Pool)」においてイーサリアム(Ethereum:ETH)を対象としたサービスを開始したことを11月12日発表した。

「バイナンスプール(Binance Pool)」は今年4月にビットコイン(Bitcoin:BTC)によるマイニングプールサービスとして提供開始されていた。

今回開始したイーサリアムのマイニングプール参加には0.5%の手数料がかかるが、12月12日まではこの手数料は無料となるようだ。

またイーサリアムのマイニングプールサービスでは、ビットコインのマイニングプールサービスと同様にFPPS(Full Pay Per Share)マイニング方式を利用しており、PPS(Pay Per Share)方式のようなブロック生成報酬だけでなく、トランザクション手数料もサービス参加者へ分配をされるとのことだ。

編集部のコメント

マイニングプールの報酬の計算方法として代表的なものとしてFPPSの他にPPS(Pay Per Share)やPPLNS(Pay Per Last N Shares)があります。

バイナンスアカデミーによると、PPSでは送信されたシェアごとに固定金額を受け取ることができるとのことです(シェアとは、各マイナーの仕事を追跡するために使用されるハッシュのこと)。

PPSではプールがブロックを発見したか否かにかかわらず、ユーザーは報酬を受け取れます。プール運営者はリスクを引き受けるため、ユーザーからの前払いまたは最終的なブロック報酬のいずれかで手数料を請求するとのことです。

またPPLNSはPPSとは異なり、プールがブロックをマイニングした場合にのみマイナーに報酬を与える計算方法です。

バイナンスアカデミーの解説はこちら

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ