シンガポール国有ファンドのテマセクの子会社アフィニティ・グループのCEOに元AWS幹部が就任

シンガポール国有ファンドのテマセクの子会社アフィニティ・グループのCEOに元AWS幹部が就任

シンガポールのデジタルアイデンティティ企業であるアフィニディ・グループ(Affinidi Group)が、元Amazon AWS幹部のグリーン・ゴアー(Gleen Gore)氏をCEOに採用したことが11月11日のLedgerinsithgsの報道によって明らかになった

アフィニディ・グループは2020年10月にシンガポール国営の資産運用ファンドであるテマセク(Temasek)が設立したデジタルアイデンティティ領域特化のスタートアップ。アフィニディ・グループはグローバルなデジタルアイデンティの標準規格を開発するW3CのDID(分散型識別子)標準に基づいた自己主権型アイデンティティソリューションに分散型台帳を使用している。

テマセックの執行役員であるチア・ソン・フィー(Chia Song Hwee)氏は「革新的なテクノロジーは国や社会の成長の鍵を握っています。デジタルに接続された世界やよりスマートシステムなど私たちが認識しているトレンドに沿って、アフィニティが思い描く画期的なビジネスを構築することで、投資の枠を超えて前進する機会があると考えています」とコメントしている。

グリーン・ゴア氏は「今日と明日のために、データの真正性、ポータビリティ、セキュリティ、プライバシーを推進するには新しい技術とビジネスモデルが必要です」とコメントしている。

編集部のコメント

アフィニディ・グループの親会社であるテマセクは2020年3月時点で約24兆円(3,060億シンガポールドル)の資産を運用しています。テマセクはブロックチェーンをベースとした取り組みに非常に積極的に取り組んでいて、グローバル銀行HSBCとのブロックチェーン債発行プラットフォームの開発に参加して、9月にシンガポール取引所(SGX)で初めて使用されました。その他にもテマセクは5月にLibra協会に参加、昨年末にJP Morganとシンガポール通貨庁(MAS)とのマルチカレンシー決済のためのブロックチェーントライアルを完了したことなどがあげられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Nattapon-Kongbunmee・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行