シンガポール国有ファンドのテマセクの子会社アフィニティ・グループのCEOに元AWS幹部が就任

シンガポール国有ファンドのテマセクの子会社アフィニティ・グループのCEOに元AWS幹部が就任

シンガポールのデジタルアイデンティティ企業であるアフィニディ・グループ(Affinidi Group)が、元Amazon AWS幹部のグリーン・ゴアー(Gleen Gore)氏をCEOに採用したことが11月11日のLedgerinsithgsの報道によって明らかになった

アフィニディ・グループは2020年10月にシンガポール国営の資産運用ファンドであるテマセク(Temasek)が設立したデジタルアイデンティティ領域特化のスタートアップ。アフィニディ・グループはグローバルなデジタルアイデンティの標準規格を開発するW3CのDID(分散型識別子)標準に基づいた自己主権型アイデンティティソリューションに分散型台帳を使用している。

テマセックの執行役員であるチア・ソン・フィー(Chia Song Hwee)氏は「革新的なテクノロジーは国や社会の成長の鍵を握っています。デジタルに接続された世界やよりスマートシステムなど私たちが認識しているトレンドに沿って、アフィニティが思い描く画期的なビジネスを構築することで、投資の枠を超えて前進する機会があると考えています」とコメントしている。

グリーン・ゴア氏は「今日と明日のために、データの真正性、ポータビリティ、セキュリティ、プライバシーを推進するには新しい技術とビジネスモデルが必要です」とコメントしている。

編集部のコメント

アフィニディ・グループの親会社であるテマセクは2020年3月時点で約24兆円(3,060億シンガポールドル)の資産を運用しています。テマセクはブロックチェーンをベースとした取り組みに非常に積極的に取り組んでいて、グローバル銀行HSBCとのブロックチェーン債発行プラットフォームの開発に参加して、9月にシンガポール取引所(SGX)で初めて使用されました。その他にもテマセクは5月にLibra協会に参加、昨年末にJP Morganとシンガポール通貨庁(MAS)とのマルチカレンシー決済のためのブロックチェーントライアルを完了したことなどがあげられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Nattapon-Kongbunmee・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道