サッカークラブチームCRヴァスコ・ダ・ガマが連帯貢献金の権利をトークン化

サッカークラブチームCRヴァスコ・ダ・ガマが連帯貢献金の権利をトークン化

ブラジルのリオデジャネイロを拠点とするサッカークラブチーム「CRヴァスコ・ダ・ガマ(CR Vasco da Gama)」が国際サッカー連盟(FIFA)の定めている連帯貢献金制度について、その権利をトークン化する計画を11月5日に発表した。

連帯貢献金(ソリダリティ・コントリビューション )制度とは、プロ選手が移籍金(契約解除金)の発生する国際移籍をした際にその選手が満12歳~満23歳の期間で選手登録していたクラブに対し、移籍先クラブから発生した移籍金の5%にあたる金額を分配した上で支払われる仕組みである。

このトークンの保有者はヴァスコ・ダ・ガマが受け取る連帯貢献金を一定割合にて受け取る権利を持つことができる。ヴァスコ・ダ・ガマは同クラブのユースに所属し現在は移籍をしている12名の選手を対象に、このトークンを発行する予定だ。

なおこのトークン名については数日中には決定し、2020年12月末までに発行をする予定とのことだ。

ヴァスコ・ダ・ガマはこのトークン化プロジェクトのためにブラジル最大の暗号資産(仮想通貨)取引所メルカド・ビットコイン(Mercado Bitcoin)のグループ企業であるMBDA(Mercado Bitcoin Digital Assets)社と契約を締結しているとのこと。またこのプロジェクトの法的問題を解決する為にブラジルの証券委員会(CVM)と協議を行い、トークンが証券として扱われないことを確認したとのことだ。

編集部のコメント

サッカークラブ×トークンの事例として、ブロックチェーンインフラ企業である「チリズ(Chiliz)」が運営する公式ファントークン発行プラットフォーム「Socios.com」や、ブロックチェーンを利用したサッカーゲーム「ソーレア(Sorare)」があります。

なお「Socios.com」を利用することでユーザーは、ファントークンを獲得しユニフォームデザインに関する投票などに参加することができます。トークンの保有者はチャット、トークン取引、ゲーム、コミュニティ内チャレンジなど「Socios.com」の他の機能にも参加することができます。

また「ソーレア」ではゲーム内で利用するサッカークラブの選手のカードがNFT(Non-fungible-token)として発行されています。

チリズはFCバルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・デ・マドリード、ガラタサライ、ASローマなどとパートナーシップを提携しています。

ソーレアはフランスを拠点とする企業であり、ユベントスやアトレティコや日本のJリーグ、韓国のKリーグ、アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)とも提携をしています。

なお連帯貢献金については、2012年7月1日にボルシア・ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍した香川真司選手の移籍金15億円のうち2千万円強が、香川選手が12歳から16歳まで所属していたFCみやぎバルセロナに支払われたことが日本でも話題になりました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/LeoTroyanski)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。