マネックスグループのクリプトアセット事業のセグメント利益(税引前四半期利益)が過去最高益に

マネックスグループのクリプトアセット事業のセグメント利益(税引前四半期利益)が過去最高益に

マネックス・グループ(MONEX GROUP)がクリプトアセット事業がセグメント利益(税引前四半期利益)の柱になっていることを2021年第3月期第2四半期決算説明資料で発表した。

クリプトアセットは金融緩和を背景とする暗号資産市場活性化と、オルトコインの取引高増加により、セグメント利益は7.25億円と前四半期比7倍でグループ入り後最高益を記録しているとのこと。金融費用及び売上原価控除後営業収益は17.73億円となっている。

また国内BTC取引金額は減少するも、Coincheckの販売所取引量は前年並みを確保し、トレーディング収益は24%増加しているとのこと。

そしてマネックス・グループの子会社のトレードステーション(TradeStation)では、ユーザーの預入暗号資産残高に対して4%(2020年10月27日現在)を付与するサービス「Crypto Earn」を開始し、暗号資産(仮想通貨)における革新的なパッシブ・インカムの機会を提供し、金融収益の拡大を目指していくとのこと。金融収益とは企業が保有する預金や有価証券の受取利息・配当金など財務活動から得られた収益のことだ。

(images:iStock/LuckyStep48・Rawpixel)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored