シンガポール航空がブロックチェーンを利用したマイル管理ウォレットの拡張版アプリをリリース

シンガポール航空がブロックチェーンを利用したマイル管理ウォレットの拡張版アプリをリリース

シンガポール航空がブロックチェーンベースのリワード還元アプリ「クリスペイ(KrisPay)」の拡張版である新アプリ「クリスプラス(Kris+)」のリリースを10月15日に発表した。

「クリスペイ」は2018年にリリースされたアプリで、シンガポール航空のマイレージプログラムで得られたマイルをシンガポール航空独自のデジタル通貨である「クリスペイマイル」に交換し、小売店などの対象店舗にて使用できるブロックチェーンベースのデジタルウォレットである。

今回「クリスペイ」の拡張版としてリリースされた「クリスプラス」では、「クリスペイ」の機能に加えてユーザーインターフェース(UI)およびユーザーエクスペリエンス(UX)の改善を行い、ユーザー個人に合わせて割引やマイルバック、即時に受けられる特典、誕生日特典などの特典を提供できるようになったとのこと。また「クリスプラス」ではマイレージプログラムで得られたマイルから「クリスペイマイル」への交換のみならず、対象店舗で買い物を行うことにより日常的に「クリスペイマイル」の報酬を得られるようになり、それをマイルに交換することも可能とのこと。

現在シンガポール航空は150以上の企業と提携しており、「クリスプラス」による支払いはシンガポール国内において650以上の店舗で可能とのこと。

また2021年1月からはシンガポール国内だけでなく、旅行先の国でも「クリスプラス」の特典を利用できるようになるとのこと。なお日本で利用できるサービスについても順次開始する予定とのことだ。

(images:iStock/Panuwat-Sikham・Igor-Korchak・inkoly・artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道