コインベースウォレットがオプティミズムのスケーリングプロジェクトのテスト利用開始

コインベースウォレットがオプティミズムのスケーリングプロジェクトのテスト利用開始

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するコインベース(Coinbase)が開発・運用しているウォレットであるCoinbase Wallet(コインベースウォレット)がイーサリアムのスケーリングプロジェクト「オプティミズム(Optimizm)」のテストネットを統合したことを発表した。この統合によってコインベースウォレット上でユーザーはOptimizmのスケーリングソリューションであるオプティミスティック・ロールアップ(Optimistic Rollups)をテスト利用できるようになる。

ユーザーはCoinbase Walletを使いより安全で確実に残高確認を行えて取引できる。ユーザーはコインベースウォレットの「Activenetwork」タグでOptimistic Ethereumを選択するとテスト取引が行える。

イーサリアムの創始者のヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)は「Optimistic Rollupsへの移行において、最大の課題はユーザーエクスペリエンスです。ユーザーがデフォルトで安全な操作だけを行い、誤って安全ではないことを行わないようにすることです」と先日開催されたETH Global Summitで語っている。

その他のアプリやデモも近日中に公開予定であるとコインベースはツイートしている。

編集部のコメント

Optimistic Rollupは暗号技術を利用してメインブロックチェーンで処理しなければならないデータ量を減らすスケーリングアプローチです。一般的にはほとんどの処理の計算をオフチェーンで行うことで解決しようとしています。具体的にOptimistc Rollupはオフチェーンでデータのトランザクションとステートの状態が含まれたブロックを処理してメインネットへ提出します。ちなみにイーサリアムのステートは2種類存在していて、アカウントステートとワールドステートがあります。アカウントステートはそのイーサリアムアドレスに紐づいた状態を表しています。一方でワールドステートはイーサリアムネットワーク全体の状態を表しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Vit_Mar)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている