コインベースウォレットがオプティミズムのスケーリングプロジェクトのテスト利用開始

コインベースウォレットがオプティミズムのスケーリングプロジェクトのテスト利用開始

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するコインベース(Coinbase)が開発・運用しているウォレットであるCoinbase Wallet(コインベースウォレット)がイーサリアムのスケーリングプロジェクト「オプティミズム(Optimizm)」のテストネットを統合したことを発表した。この統合によってコインベースウォレット上でユーザーはOptimizmのスケーリングソリューションであるオプティミスティック・ロールアップ(Optimistic Rollups)をテスト利用できるようになる。

ユーザーはCoinbase Walletを使いより安全で確実に残高確認を行えて取引できる。ユーザーはコインベースウォレットの「Activenetwork」タグでOptimistic Ethereumを選択するとテスト取引が行える。

イーサリアムの創始者のヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)は「Optimistic Rollupsへの移行において、最大の課題はユーザーエクスペリエンスです。ユーザーがデフォルトで安全な操作だけを行い、誤って安全ではないことを行わないようにすることです」と先日開催されたETH Global Summitで語っている。

その他のアプリやデモも近日中に公開予定であるとコインベースはツイートしている。

編集部のコメント

Optimistic Rollupは暗号技術を利用してメインブロックチェーンで処理しなければならないデータ量を減らすスケーリングアプローチです。一般的にはほとんどの処理の計算をオフチェーンで行うことで解決しようとしています。具体的にOptimistc Rollupはオフチェーンでデータのトランザクションとステートの状態が含まれたブロックを処理してメインネットへ提出します。ちなみにイーサリアムのステートは2種類存在していて、アカウントステートとワールドステートがあります。アカウントステートはそのイーサリアムアドレスに紐づいた状態を表しています。一方でワールドステートはイーサリアムネットワーク全体の状態を表しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Vit_Mar)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携