(SBIR3Japanのビジネス開発部長山田宗俊氏コメントあり)イタリアの銀行97行でブロックチェーンプラットフォームのスプンタ(Spunta)が稼働

イタリアの銀行97行でブロックチェーンプラットフォームのスプンタ(Spunta)が稼働

イタリア銀行協会(Associazione Bancaria Italiana:ABI)が銀行間口座を調整するためのブロックチェーンプラットフォームであるスプンタ(Spunta)が97行で稼働していることをメディア「レジャーインサイツ(Ledgerinsights)」が報道した

SpuntaはインフラにR3が開発・運用するCordaを選択している。また日本のNTTデータもSpuntaの実装パートナーである。

2018年にSpuntaは18行で試験的に導入され、2020年4月に32行で本番運用を開始。これまでに2回の新規導入の波があり42行が10月から稼働しその数は97行となった。

以前イタリアの銀行は毎月のように口座を照合していたが、現在は毎晩97.6%の取引が自動的に照合されるようになった。残りの2.4%に関してはSpunta内で差異分析などが行えて、コミュニケーションが取れる仕様となっている。

欧州の銀行の子会社がSpuntaへ参加していることから、イタリア銀行協会の動向は他国からの注目されていて国際的な適用範囲の拡大を模索しているとLedgerinsihtsは報じている。

あたらしい経済編集部はSpuntaのインフラであるCordaの社会実装を推進しているSBI R3 Japanのビジネス開発部長山田宗俊氏へ取材を行った。

SBI R3 Japanのビジネス開発部長山田宗俊氏へ取材

ーイタリア銀行協会の動きをどのように捉えていますか。

約3年の歳月を経て、2020年3月にイタリアの銀行32行で商用利用を開始したこの取組みは、2020年10月時点において約100行が参加するというマイルストーンを達成し、非常に嬉しく思います。

イタリアの金融業界としてCordaを採用し、業界共通アプリケーションを構築・導入した、最も注目すべきブロックチェーン事例だと思います。

このニュースから理解しておきたい点がいくつかあります。

まずは、相対取引の場面に対するCordaの”相性”は、商用レベルでも実証されたこと。現在、イタリアにおける銀行間決済のリコンサイル作業は、完全にこのアプリに移行しており、古い業務プロセスは廃止されました。

また、金融業界の共通課題であるオペレーショナル・リスクの低減に成功している点。新プロセス導入に伴い、各行の業務は標準化されています。相手方と共通認識のもとで安心して業務処理が可能となっています。

そして最後にスピード経営が実現されている点。

デジタルを前提としたビジネスでは、正確なデータ把握が鍵となりますが、この取組みを通じて、「月末にならないと分かりません」という状況がなくなり、日次で決済状況を把握、意思決定に活かせます。

この取組みから我々も学び、日本でも応用すべきと考えています。

一つは、「業界全体を変える」という壮大なコンセプトが現実に可能であることを教えてくれます。時間は掛かりますが、最初の一歩を踏み出せば、同じ課題意識を持った仲間が必ず集まってきます。

二つ目に、業界横断の取組みは、ブロックチェーンのサービス提供者ではなく、その業界の中にいる人が主導する必要がある点です。なぜなら業務標準化がセットで付いてくるからです。

最後に、積極的にかつ継続的な対外発表が成功の鍵となっている点です。ある日突然降ってきた取組みに乗ることはできません。業界の誰もが知っているくらいまでに浸透してやっと物事が動きます。

既に本プロジェクトの関係者には世界中から取り合わせが来ており、例えばイタリアからヨーロッパ全土への横展開、”似たような相対取引の場面”における応用について検討が始まっています。

Spuntaがイタリアを超えて、世界をどう動かしていくのか、これからも注目したいです。

編集部のコメント

Spuntaの技術基盤の1つであるCordaについて、あたらしい経済編集部は特集記事を制作しています。

イタリア銀行協会ではブロックチェーン技術の利用が進んでいるので、欧州中央銀行が提言しているデジタル・ユーロ構想の進捗に対して、イタリアは大きな役割を果たすのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。

米VCが2020第3Qに暗号資産とBCスタートアップへ約956億円投資、EveripediaとChainlinkがAP通信の米大統領選データをBC上で記録可能になどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米ベンチャーキャピタルが2020年第3四半期に暗号資産・ブロックチェーン領域のスタートアップへ約956億円を投資、分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に、前澤友作氏の電子決済新事業に暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットCTO白石陽介氏が参画か

分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

EOSブロックチェーン上の分散型アプリケーションサービス(Dapps)エブリペディア(Everipedia)が分散型オラクルネットワークを提供するチェインリンク(Chainlink)と協力し、アメリカ国内の放送局や新聞社の協同組合であるAP通信が報道するアメリカ大統領選挙結果をブロックチェーン上に記録できるようにすることを10月16日に発表した。